[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

やり投げ北口榛花、64.32mで本人驚きの一発決勝進出「この後、痛い所が出ないこと祈ります(笑)」【世界陸上】

オレゴン世界陸上は20日(日本時間21日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第6日が行われた。女子やり投げ予選では、日本記録保持者の北口榛花(JAL)が1投目で、64メートル32で一発決勝進出。日本勢11年ぶりのファイナルに進出した。

世界陸上、女子やり投げで決勝進出を決めて喜ぶ北口榛花【写真:ロイター】
世界陸上、女子やり投げで決勝進出を決めて喜ぶ北口榛花【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上は20日(日本時間21日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第6日が行われた。女子やり投げ予選では、日本記録保持者の北口榛花(JAL)が1投目で、64メートル32で一発決勝進出。日本勢11年ぶりのファイナルに進出した。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 1投目でいきなり64メートル32。無条件で決勝進出となる62メートル50を超え、一発進出だ。本人も飛び跳ねて喜び、頭を抱えて驚きの様子。競技後は「前回の世界陸上で6センチ差で予選落ちしたので、予選に集中して臨んだ。前の組があまり記録が出ていないのが見えていたので、しっかり60メートルを超えれば残る自信はあった。62メートル50という数字にとらわれずに投げられたのがよかった」と笑みをこぼした。

 今季は6月のダイヤモンドリーグ第7戦に63メートル13を投げ、日本人初優勝して勢いに乗っている。今季自己ベストについても「あまり凄い飛んだ感じはしなかったけど、64という数字が超したくて超えられなかった。今日超えられてよかった」と話した。

 五輪を含め、投てき種目で日本女子初のメダル獲得、そして優勝の懸かる今大会。好調ぶりを証明し、「この後、痛いところが出ないことを祈ります(笑)。今は凄く興奮しているし、元気なんだけど、東京五輪でこういうことあったので(予選通過後にわき腹痛で12位)、しっかりと慎重に準備したい」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集