[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

異例3種目挑戦の田中希実が女子5000m決勝進出 800m予選挟み「その舞台を楽しみたい」【世界陸上】

オレゴン世界陸上が20日(日本時間21日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第6日が行われた。女子5000メートル予選では、田中希実(豊田自動織機)が15分00秒21の2組9着。各組上位5着+5人のタイムで拾われ、23日(同24日)の決勝に2大会連続進出を決めた。廣中璃梨佳(日本郵政グループ)は15分02秒03の1組7着、萩谷楓(エディオン)は15分53秒39の同14着で敗退した。

世界陸上、女子5000メートル予選を通過した田中希実【写真:Getty Images】
世界陸上、女子5000メートル予選を通過した田中希実【写真:Getty Images】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が20日(日本時間21日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第6日が行われた。女子5000メートル予選では、田中希実(豊田自動織機)が15分00秒21の2組9着。各組上位5着+5人のタイムで拾われ、23日(同24日)の決勝に2大会連続進出を決めた。廣中璃梨佳(日本郵政グループ)は15分02秒03の1組7着、萩谷楓(エディオン)は15分53秒39の同14着で敗退した。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 22歳の田中は前回2019年ドーハ大会で5000メートル14位。2度目の出場となった今大会は800メートル、1500メートル、5000メートルと日本初の個人3種目に挑戦する。1500メートルは日本人で初めて準決勝に進出したが、組7着で決勝には残れず。この日で今大会3本目のレースとなり、21日(同22日)には800メートル予選を控えている。

 この日は9人で形成された上位集団につけたが、残り600メートル付近からペースが上がり、離された。なんとか粘って9着。全体14番目ながら、今季自己ベストのタイムで決勝進出を決めた。レース後は「思ったよりしんどくて、その中で気持ちを折らずに前の選手に食らいつくことはできた」と振り返った。

 一方で「ラストに余裕がないと、(今大会の)1500メートル(準決勝)みたいにラストまで耐えられないというのが見えた部分。決勝に余裕を持って臨めるかどうかが課題だと思った」と反省点を挙げ、ペースが上がった残り600メートル地点については「上がるのは思っていたし、選手のメンツを見ても前半はジョグだったと思う。(周りは)ペースを上げたか、自分のペースに戻しただけ。私としてはその時点で(体力的に)来ていた」と世界のレベルを痛感した。

 それでも、この種目では2大会連続の決勝進出。「(決勝までに)800メートル(の予選)が間に挟まる。世界陸上では、800メートルは初めてなので、準決に進むこと以上にその舞台に立てることを楽しみたい」と話した。

 一方、21歳の廣中は初出場。東京五輪では5000メートルで日本記録14分52秒84を叩き出した。16日(同17日)の1万メートル決勝は12位。入賞こそならなかったが、自己ベスト&日本歴代2位の30分39秒71をマークしていた。この日は予選1組で終始集団を引っ張る積極的なレースを見せたものの、全体16番目でわずかに及ばず、決勝進出を逃した。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集