[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

セキ・ユウティンは初優勝を諦めない 首位と4打差も「ゴルフはいろんな可能性がある」

国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディス第3日が11日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で行われた。2位から出た24歳のセキ・ユウティン(ミツウロコグループホールディンクス)は、3バーディー、2ボギーの71で回って通算8アンダー。首位の藤田さいき(チェリーゴルフ)に4打差の4位に後退した。それでも、30ヤード伸びたドライバーショットと切れるアイアンショットで観客を魅了。悲願のツアー初優勝に向けて、あきらめない姿勢を示した。

通算8アンダーの4位で最終日を迎えるセキ・ユウティン【写真:Getty Images】
通算8アンダーの4位で最終日を迎えるセキ・ユウティン【写真:Getty Images】

宮里藍サントリーレディス第3日

 国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディス第3日が11日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で行われた。2位から出た24歳のセキ・ユウティン(ミツウロコグループホールディンクス)は、3バーディー、2ボギーの71で回って通算8アンダー。首位の藤田さいき(チェリーゴルフ)に4打差の4位に後退した。それでも、30ヤード伸びたドライバーショットと切れるアイアンショットで観客を魅了。悲願のツアー初優勝に向けて、あきらめない姿勢を示した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 セキは、1番パー5から右拳を握った。4メートルのバーディーパットを決め、3番パー3でもスコアを伸ばした。スタート時点では3打あった藤田との差を1打にし、切れるアイアンショットでピンを狙い続けた。だが、後半はパットがカップに嫌われた。

「今日も伸ばせたのは良かったけど、パターがもう少し入ってほしかったです。後半はほとんど、(ショットがピンの)5ヤード以内につけられたけど、パターが1つしか入らなったのが悔しかったです」

 ドライバーショットは左足を数センチ浮かせる「一本足打法」と筋トレ効果で飛距離を伸ばし、アイアンショットではドロー、フェードを打ち分けられるようになった。厳しいピン位置についても「攻めていける」と強気。結果的に藤田との差は4打に広がっても、「優勝したいです。ゴルフはいろんな可能性があると思うので、一生懸命頑張ります」と言葉に力を込めた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集