[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

やり投げV2を飾った北口榛花 世陸代表内定はお預けで逆質問「選ばれますかね?」

7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第3日が11日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子やり投げでは、66メートル00の日本記録を持つ24歳・北口榛花(JAL)が62メートル25をマーク。世界陸上の参加標準記録64メートル00の突破はならなかったが、2年連続3度目の優勝を飾った。

日本選手権、女子やり投げで優勝し喜ぶ北口榛花【写真:奥井隆史】
日本選手権、女子やり投げで優勝し喜ぶ北口榛花【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第3日が11日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子やり投げでは、66メートル00の日本記録を持つ24歳・北口榛花(JAL)が62メートル25をマーク。世界陸上の参加標準記録64メートル00の突破はならなかったが、2年連続3度目の優勝を飾った。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 雨の中、北口が力を発揮した。1投目は59メートル13、2投目は57メートル07とうまくいかず。それでも、3投目に62メートル25を投げ、そのまま優勝した。「前回(初優勝)の後は優勝を続けられなかったので、連覇できたことはよかった」と笑顔を見せたが、「3投目までに60メートル台を出せなかったのが悔しい。大会記録を狙っていた」とコメント。2019年大会に自身が出した63メートル68を超えられなかったことを悔やんだ。

 やり投げ王国のチェコ人コーチに師事し、2019年10月に66メートル00で日本記録を更新。リオ五輪銀メダル相当の好記録だった。19年ドーハ世界陸上は予選60メートル84で13位。6センチ差で決勝に進めなかった。

 昨夏の東京五輪は決勝に進んだが、左腹斜筋の肉離れで12位。今季は5月1日の木南記念は61メートル20で制すと、同8日のセイコーゴールデングランプリは63メートル93を投げ、2019年世界陸上女王&昨年東京五輪銅メダルのケルシー・バーバー(豪州)らを抑えて優勝した。

 今大会での世界陸上内定はならなかったが、ワールドランキングで選ばれる可能性が高い。「選ばれますかね?」と報道陣に逆質問。「選ばれる前提ですが、ヨーロッパの方に世陸まで行かせていただいて、コーチとつくり上げていきたい」と、すぐに渡欧するという。チェコの大会に出た後、ダイヤモンド・リーグ(パリ)にも出場予定だ。

 ハイレベルな大会だが、「コーチが出られると言っていただけなので確信はない」と苦笑い。「目指していた一つの試合で、世界でも8人くらいしか出られない。凄くワクワクしているし、日本選手権と同じ時期で心臓に負担がかかる(笑)。その中でもしっかり投げられれば」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集