[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

36歳藤田さいき、10年239日ぶりV王手 18歳ルーキーとの最終組に「もう娘ですね(笑)」

国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディス第3日が11日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で行われた。首位から出た藤田さいき(チェリーゴルフ)は3バーディー、1ボギーの70で通算12アンダー。2位の稲見萌寧(Rakuten)と尾関彩美悠(フリー)に3打差をつけ、2011年富士通レディース以来、10年239日ぶりのツアー6勝目に王手をかけた。達成すれば、日本人選手では、ツアー史上2番目に長いブランク優勝になる。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

宮里藍サントリーレディスのラウンド後、インタビューに答える藤田さいき【写真:Getty Images】
宮里藍サントリーレディスのラウンド後、インタビューに答える藤田さいき【写真:Getty Images】

宮里藍サントリーレディス第3日

 国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディス第3日が11日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で行われた。首位から出た藤田さいき(チェリーゴルフ)は3バーディー、1ボギーの70で通算12アンダー。2位の稲見萌寧(Rakuten)と尾関彩美悠(フリー)に3打差をつけ、2011年富士通レディース以来、10年239日ぶりのツアー6勝目に王手をかけた。達成すれば、日本人選手では、ツアー史上2番目に長いブランク優勝になる。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 藤田のショットは、前日までの切れをなくしていた。得意のアイアンショットはピンに絡まず、出だしから5ホール連続でパー。セキ・ユウティンには1打差に迫られたが、6番パー3では7メートルのバーディーパットを沈めた。

「今日もピンポジが厳しくて、のんびりとチャンスを待っていました。でも、なかなか来ませんでしたね。何とかアプローチ、パットで耐えていましたが、長いバーディーパットが入って良かったです。まあ、4日間あるので、耐える日はあると思っていました。こういう日に伸ばせたのは大きいです」

 2位に3打差の単独首位。最終日最終組は、2018年4月のKKT杯バンテリンレディス以来になる。それを知らされると、「4年ぶりなんですね。頑張っていますね、私」と言い続けた。

「4年前は緊張だったけど、今はワクワクです。ここまでやれていることがうれしいですし、(優勝も)そんなに意識はしていないです。楽しくやれたらいい。ピンポジが難しいので、頭をフル回転したいですね」

 だが、本音は違う。調子を取り戻してきた昨年からは、周囲に「また、優勝したい」と話す機会が増えている。オフには熊本・チェリーゴルフ天草コースで合宿をし、埼玉西武ライオンズの元トレーナー黒岩祐次氏の指導で過酷なトレーニング、妥協のない練習を重ねてきた。そして、取り戻した飛距離と巧みなアプローチ。既に今季2度の2位で「勝てる状態」との手応えもつかんでいる。それでも、会見では「学ぶ」姿勢を強調した。

「(同じ最終組の)稲見(萌寧)さんは、(東京五輪の)銀メダリストですし、ゴルフがうまいですよね。年齢は関係なく。うまい人はうまいわけで何かを盗みたいですね」

 ルーキーの尾関彩美悠とは初めてのペアリングだが、年齢が18歳と聞いて、「もう、娘ですね。私の幼なじみの長女が17歳ですし」と笑みを浮かべた。

 勝てば10年239日ぶりの6勝目で、日本人選手では池渕富子(11年210日)に次ぐブランク優勝になる。しかも、大会アンバサダーは同じ36歳の宮里藍。舞台は整った。藤田は全身全霊で頂点を目指す。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集