[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

110m障害の20歳新星・村竹ラシッド、予選で驚きの参加標準突破「ここで切れるとは…」

7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第3日が11日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子110メートル障害予選では、20歳の村竹ラシッド(順大)が予選で13秒27(追い風0.5メートル)をマーク。世界陸上の参加標準記録13秒32を突破して代表入りに前進し、準決勝は13秒50(向かい風0.4メートル)で12日の決勝に進出した。順大の先輩で日本記録保持者の泉谷駿介(住友電工)も13秒29(向かい風0.2メートル)で決勝に駒を進めた。

日本選手権、男子110メートル障害予選で世界陸上の参加標準記録を突破した村竹ラシッド【写真:奥井隆史】
日本選手権、男子110メートル障害予選で世界陸上の参加標準記録を突破した村竹ラシッド【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第3日が11日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子110メートル障害予選では、20歳の村竹ラシッド(順大)が予選で13秒27(追い風0.5メートル)をマーク。世界陸上の参加標準記録13秒32を突破して代表入りに前進し、準決勝は13秒50(向かい風0.4メートル)で12日の決勝に進出した。順大の先輩で日本記録保持者の泉谷駿介(住友電工)も13秒29(向かい風0.2メートル)で決勝に駒を進めた。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 村竹は予選から自己ベストで参加標準記録を突破。決勝で3位以内に入れば世陸内定となる。トーゴ出身の父を持つ20歳の新星。「ここで標準が切れるとは思っていなかった。そこはひと安心。準決勝は予選と同じ流れでやろうと思っていました。いつでもベストが出る予感はしていた」と振り返った。

 5月8日のセイコーゴールデングランプリ(GGP)前から腰と脚に痛みを抱えていた。大会後は左大腿裏に特に痺れを感じ、関東インカレを棄権。「とにかく動かないようにしていた」と今大会の2週間前に動き始めた。1週間前にハードル練習を再開。「この日のために練習を積んできた。意地でも3位以内に入りたい」と内定を狙う。

 先輩の泉谷は村竹について「予選から13秒27って速いタイムなので、気合いが入って自分も頑張ろうと思いました」と刺激を受けた様子だ。3月の日本室内選手権60メートル障害で左足首を捻挫。4月の織田記念国際(広島)は予選を終えた後に決勝を棄権した。セイコーGGPは欠場し、回復に専念。この日は「コンディションは怪我があったと思えないくらい良い状態だった」と手応え。後輩との優勝争いとなる。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集