[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、ファイトマネーは「過去最高」 大橋会長が明言、1億円のベガス超えは確実

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行う。3日は神奈川・横浜市内のホテルで両者が会見。井上陣営の大橋秀行会長は、井上の報酬が「過去最高」と明かした。戦績は29歳の井上が22勝(19KO)、39歳のドネアが42勝(28KO)6敗。

会見に出席した井上尚弥【写真:浜田洋平】
会見に出席した井上尚弥【写真:浜田洋平】

「6.7」井上尚弥VSドネア

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行う。3日は神奈川・横浜市内のホテルで両者が会見。井上陣営の大橋秀行会長は、井上の報酬が「過去最高」と明かした。戦績は29歳の井上が22勝(19KO)、39歳のドネアが42勝(28KO)6敗。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 日本人初の3団体統一戦は破格の報酬となるようだ。大橋会長は会見場で取材に応じ、井上のファイトマネーについて「過去最高です」と明かした。2020年10月と21年6月に米ラスベガスで行った防衛戦は、ともに軽量級では破格の100万ドル(約1億1000万円)。これと同等以上とされた昨年12月のアラン・ディパエン(タイ)との前戦よりも今回が上回り、ベガス2試合を優に超えるとみられる。

 大橋会長は会見に出席し「ベルトを3つ獲って、4団体統一へのリーチが懸かる大きな試合。前回と違うノニト・ドネアだと思っています」と39歳の相手を警戒。「本当に凄い試合になると思うけど、井上は今回に限らず凄まじい練習を続けている。必ずこのベルトを獲って次に向けて必ずやってくれると信じています」と愛弟子の勝利を期待した。

 想いを託された井上も「どんな戦いになるのか、自分もファンもみんな楽しみな日になる。自分はそう思います」と心待ちな様子。ドネアも「今はモチベーションが高く、たくさんの想いがあるけど、これこそが私のキャリア最大の一戦になる。これに勝ってまだ達成していない4団体統一王者に近づける。意味合いは大きい試合」と気合十分だった。

 2019年11月7日のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝以来の再戦。当時は井上が判定勝ちし、多くの海外メディアから「年間最高試合」に選ばれた。試合はAmazon プライム・ビデオにて「Prime Video presents Live Boxing」の第2弾として独占ライブ配信される。日本のプライム会員は追加料金なしで視聴可能となる。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集