[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹、まさかの失格の発端となった“謎の情報提供者”に米困惑「推理小説のよう」

米男子ゴルフツアーのメモリアル・トーナメントは2日、米オハイオ州ミュアフィールドビレッジGC(7533ヤード、パー72)で開幕。2014年大会の優勝者・松山英樹(LEXUS)は前半9ホールを消化後、使用クラブの規則違反で失格となった。米紙も「マツヤマの困惑した表情は可哀相で見ていられない」などとこの出来事を報じた。

米男子ゴルフツアーでクラブの規則違反により失格となった松山英樹【写真:ロイター】
米男子ゴルフツアーでクラブの規則違反により失格となった松山英樹【写真:ロイター】

メモリアル・トーナメント初日、9ホールを終えて失格に

 米男子ゴルフツアーのメモリアル・トーナメントは2日、米オハイオ州ミュアフィールドビレッジGC(7533ヤード、パー72)で開幕。2014年大会の優勝者・松山英樹(LEXUS)は前半9ホールを消化後、使用クラブの規則違反で失格となった。米紙も「マツヤマの困惑した表情は可哀相で見ていられない」などとこの出来事を報じた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 前半9ホールを1ボギー、1ダブルボギーの39で回っていた松山。しかし、3番ウッドのフェース面に記されていた白い線が問題となり、失格となった。米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門メディア「フォー・ザ・ウィン」は「クラブの面を厚くする白い物質が塗られていた。ボールの飛距離に影響を与える可能性があるとして失格となった」と報じている。また同紙は「マツヤマの困惑した表情は可哀相で見ていられない」と同情している。

 米専門メディア「ゴルフ.com」は、ラウンド中に記者会見をしたPGAツアーのシニアトーナメント・ディレクター、スティーブ・リントール氏の発言を紹介。委員会のメンバーに松山のクラブの写真が送られ、確認の有無を問われたという。

 その写真は米ゴルフニュースサイト「GolfWRX」のウェブサイトから引用されたもので、誰が情報提供したかをリントール氏は明かしていない。「ゴルフ.com」は「白い物質? ネットの写真? 誰だか分からない情報提供者? ゴルフのルール違反の話でありながら、まるで推理小説の話のようだ」とまさかの事態をレポートしていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集