[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

賞金女王・稲見萌寧、10か月ぶり初日首位発進 会見で笑顔「開幕より良くなっている」

女子ゴルフの国内ツアー・リシャール・ミル ヨネックスレディスは3日、新潟・ヨネックスCC(6475ヤード、パー72)で開幕した。昨季賞金女王の稲見萌寧(Rakuten)が4バーディー、1ボギーの69で回り、3アンダーで首位発進した。初日首位は今季初で、昨年8月のCATレディース以来10か月ぶり。会見では「60台で上がれたのが嬉しい」と振り返った。

4番ティーグラウンドに向かう稲見萌寧【写真:Getty Images】
4番ティーグラウンドに向かう稲見萌寧【写真:Getty Images】

リシャール・ミル ヨネックスレディスが開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・リシャール・ミル ヨネックスレディスは3日、新潟・ヨネックスCC(6475ヤード、パー72)で開幕した。昨季賞金女王の稲見萌寧(Rakuten)が4バーディー、1ボギーの69で回り、3アンダーで首位発進した。初日首位は今季初で、昨年8月のCATレディース以来10か月ぶり。会見では「60台で上がれたのが嬉しい」と振り返った。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 稲見が久々に首位で初日を終えた。出だし1番パー5でいきなりバーディー。7、8番でもスコアを伸ばした。後半12番パー4は「アンラッキー」なボギーを叩くも、14番パー3でバーディーを取り返した。

 ホールアウト後の会見では「全体的に良く回れた」と振り返った稲見。コースの印象として「スコアは出る感じではないのかなと感じている。全体的にちょっと難しい」と振り返っていた。

 勝みなみ、吉田優利、菅沼菜々と並び、今季初の首位発進となった。「上位で常にいられることが一番いいこと。いい感じで回れていたので、もったいないのも結構あったけれど、60台で上がれたのが嬉しい」と笑顔を見せた。

 昨季強さを見せた賞金女王も、今季はまだ優勝がない。ただ、5月はワールドレディスサロンパス杯で3位、ほけんの窓口レディースで3位、ブリヂストンレディスオープンで2位と上位に食い込んでいる。前週のリゾートトラストレディスは21位だったが「今週はまだマシかなという感じ。開幕した時より良くなっている」と復調気配を漂わせた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集