[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

打倒・井上尚弥に燃える39歳ドネア 「倒せる」と言い切る根拠「私の方が前回から…」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は6月7日、WBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との王座統一戦に挑む。2019年の前回対戦で、井上に判定負けを喫している39歳ドネアは、敗戦後に実力者を撃破してきた実績から打倒モンスターに絶大な自信を示している。

WBC同級王者ノニト・ドネア(左)は、打倒・井上尚弥に絶大な自信を示している【写真:Getty Images】
WBC同級王者ノニト・ドネア(左)は、打倒・井上尚弥に絶大な自信を示している【写真:Getty Images】

6月7日に王座統一戦「どちらが上か知ることになる」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は6月7日、WBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との王座統一戦に挑む。2019年の前回対戦で、井上に判定負けを喫している39歳ドネアは、敗戦後に実力者を撃破してきた実績から打倒モンスターに絶大な自信を示している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 すでに来日し、3団体統一戦の準備を進めるドネアは米プロモート会社「プロベラム」の公式サイトに登場。コメントが掲載されているが、不惑を前にして自らの進化を確信している様子だった。

「イノウエは多少進化しているが、最も成長したのは自分だと思っている。彼と比べた際、私の方が前回対戦から強敵と戦ってきた。彼も依然として成長するために学習しているが、私はボクシングIQと能力において別次元に昇り詰めるために学んでいるんだ。私のボディも別のレベルにある」

 各国メディアで年間最高試合に選出されたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で、ドネアは井上の前にダウンを喫するなど判定負け。一方で、右目眼窩底と鼻骨の骨折など大ダメージを与えていた。ドネアはその後、WBC同級王者だったノルディ・ウバーリ(フランス)、レイマート・ガバリョ(フィリピン)という実力者を立て続けにKOで撃破。猛者を倒した実績が、井上以上に進化したと言い切る根拠となっている。

「あの試合終了後に、すぐにこの男(井上)を倒せる、再戦するしかないと感じた。試合後のロッカールームに戻る時にね」と振り返っているドネア。「彼も成長していると思うが、6月7日にどちらが上なのか我々は知ることになる」と気合に満ちている様子だった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集