[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲見萌寧にまさかのトラブル 2m超ブッシュに阻まれ、止むを得ず左打ち→ダブルボギー

国内女子ゴルフツアーのリゾート トラストレディスが26日、山梨・メイプルポイントGC(6580ヤード、パー72)で開幕した。昨季賞金女王の稲見萌寧(Rakuten)は前半を終えて37。5番パー4でバーディーを先行するも、9番パー4では第2打で左打ちを強いられるトラブルに見舞われ、ダブルボギーにした。同ホールでは植竹希望(サーフビバレッジ)、原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)もダブルボギー。戦略性の高いコースで、他のホールでもトラップ(罠)にはまる選手が続出している。

9番パー4で左打ちを選択し、クラブを構える稲見萌寧【写真:編集部】
9番パー4で左打ちを選択し、クラブを構える稲見萌寧【写真:編集部】

国内ツアー・リゾート トラストレディスが開幕

 国内女子ゴルフツアーのリゾート トラストレディスが26日、山梨・メイプルポイントGC(6580ヤード、パー72)で開幕した。昨季賞金女王の稲見萌寧(Rakuten)は前半を終えて37。5番パー4でバーディーを先行するも、9番パー4では第2打で左打ちを強いられるトラブルに見舞われ、ダブルボギーにした。同ホールでは植竹希望(サーフビバレッジ)、原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)もダブルボギー。戦略性の高いコースで、他のホールでもトラップ(罠)にはまる選手が続出している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 9番パー4。稲見は第1打を左の深いクロスバンカーに入れた。バンカー内には高さ2メートル超のブッシュ(生い茂った藪)があり、ボールはその15センチ前に止まっていた。だが、スタンスは取れない状況。稲見はキャディーと話し合った結果、左打ちを選択した。最初はヘッドを立てて打とうとしたが、空振りも懸念されたことでヘッドの背でヒット。ボールをバンカー内で10ヤード転がした。

 ピンまで残り約140ヤードの第3打はピン下約15メートルにオン。2パットのボギーで終えたいところだったが、ファーストパットを3メートルもショートし、ボギーパットも右に外れた。

 同組の植竹も同じ9番で苦しんだ。第1打は左バンカーに向かう斜面へ。極端な前上がりの第2打を左に引っ掛け、カート付近から第3打を放つも、グリーン右のラフに打ち込んだ。第4打もグリーン左上に切られたピンをオーバーしてグリーンの外へ。第5打も寄せきれなかったが、2.5メートルのパットを入れてダブルボギーにした。

 19年大会優勝者の原は9番に加え、3番パー3、4番パー4でも叩き、前半9ホールで3ダブルボギーにしている。起伏が激しく、フェアウェーとグリーンのアンジュレーションに富んだコースは、バーディーも取れるが、ボギー、ダブルボギーも容易に出る。選手にとってはタフな戦いになりそうだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集