[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高橋彩華、観客ザワつく妙技を披露 グリーン上でウエッジ使用「練習したこともない」

国内女子ゴルフツアーのリゾート トラストレディスが26日、山梨・メイプルポイントGC(6580ヤード、パー72)で開幕した。4月のフジサンケイレディスクラシックでツアー初優勝を飾った高橋彩華(東芝)が、5バーディー、1ボギーの68で4アンダー。ホールアウト時で暫定2位につけた。最終18番パー5では、グリーン上からの第3打をピッチングウエッジで寄せてバーディーを奪う妙技を披露。観客を大いに沸かせた。

3番ホールでティーショットを放つ高橋彩華【写真:Getty Images】
3番ホールでティーショットを放つ高橋彩華【写真:Getty Images】

リゾート トラストレディス初日

 国内女子ゴルフツアーのリゾート トラストレディスが26日、山梨・メイプルポイントGC(6580ヤード、パー72)で開幕した。4月のフジサンケイレディスクラシックでツアー初優勝を飾った高橋彩華(東芝)が、5バーディー、1ボギーの68で4アンダー。ホールアウト時で暫定2位につけた。最終18番パー5では、グリーン上からの第3打をピッチングウエッジで寄せてバーディーを奪う妙技を披露。観客を大いに沸かせた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 最終18番パー5。2オンに成功した高橋がひらめいた。「ここはパターじゃない。初めてだけどやってみよう」。カップまで残り35ヤードで、手にしたのはピッチングウエッジ。判断の理由は「手前に大きなコブがあって、その先の右にくぼみがあったので」だった。

 観客は「えっ、グリーンなのにパターじゃないのか」とザワついていた。だが、高橋は構わずにショット。ボールはコブとくぼみを越え、スライスラインに乗ってカップ手前2メートルについた。瞬間、ザワつきは歓声と拍手に変わった。

「グリーン上からのショットは練習をしたこともありませんが、キャディーさんが『掘ったら、俺が埋めておく』と言ってくれたので、迷いなく打てました(笑)。結果的にクリーンに打てたので、グリーンが傷つくこともありませんでした」

 文字通り、ひらめきとイメージを形にできる技術があるからこそのバーディー。前週のブリヂストンレディスは予選落ちだったが、「調子は悪くなかったので、『休め』ということだったと受け止めています」と前向きだ。今季悲願の初優勝を飾った黄金世代のショットメーカーは、この大きな一打も生かしてツアー2勝目を目指す。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集