[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「偉大な王者」 勇敢マクドネルが賛辞「もっと偉大なこと成し遂げる」

ボクシングのWBA世界バンタム級タイトルマッチ(大田区総合体育館)は25日、元世界2階級王者で同級2位の井上尚弥(大橋)が、王者のジェイミー・マクドネル(英国)に初回1分52秒でTKO勝ち。国内最速となる16戦目での3階級制覇の偉業を見事に果たした。10年間、無敗を誇った正規王者マクドネルもモンスターの強さに「脱帽するよ」と潔く完敗を認めている。地元紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。

試合後、井上尚弥に声をかけるジェイミー・マクドネル【写真:Getty Images】
試合後、井上尚弥に声をかけるジェイミー・マクドネル【写真:Getty Images】

112秒TKO負けの王者、井上の圧倒的強さに潔さ「私はナオヤ・イノウエに脱帽する」

 ボクシングのWBA世界バンタム級タイトルマッチ(大田区総合体育館)は25日、元世界2階級王者で同級2位の井上尚弥(大橋)が、王者のジェイミー・マクドネル(英国)に初回1分52秒でTKO勝ち。国内最速となる16戦目での3階級制覇の偉業を見事に果たした。10年間、無敗を誇った正規王者マクドネルもモンスターの強さに「脱帽するよ」と潔く完敗を認めている。地元紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理さんインタビュー(GROWINGへ)

 2週間、ドバイで合宿を張った王者マクドネル。前日計量では減量に苦しんだ様子を見せながら、決戦当日は心身ともに充実の姿でリングに立った。しかし、井上のラッシュに成す術もなかった。

 1回。いきなりダウンを奪われると、ロープ際に追い詰められ、一方的にラッシュを受けた。左右のフックの連打を受けると、リングに倒れ込んだ。TKO負け。守り抜いた王座をわずか112秒で失った。

 スーパーフライ級では統一戦を熱望しながらも対戦相手に避けられ、強すぎる王者の悲哀を味わった井上相手に、勇敢にも敵地・日本に乗り込んできたマクドネル。試合後も英国紳士らしさを見せた。

「私はナオヤ・イノウエに脱帽する。彼は偉大なチャンピオンだ。彼はもっと偉大なことを成し遂げるだろう」

 記事によると、3階級制覇を達成した井上の強さに賛辞の言葉を送り、新王者に対して今後の栄光を予言していた。さらに「自分はビッグショットを被弾してしまった。ここから転級するつもりだ」と178センチの長身を誇るマクドネルはスーパーバンタム級への転向を明言したという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集