[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、“センター前二塁打”から生還 実況も唸る「もう一つ武器を備えている」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が24日(日本時間25日)、敵地ブルージェイズ戦に「5番・DH」で3戦連続スタメン出場。二塁打2本を放ち、3打数2安打2四球で4出塁の活躍で、8-1の快勝に貢献した。第5打席には投手強襲で二遊間を割った中前打で二塁を陥れる“センター前二塁打”を披露。さらに、次打者の安打でホームを踏んだ。初上陸のトロントを疾走した二刀流に対し、現地実況も「まるで、もう一つ武器を備えているようだ」とうなった。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

投手強襲の中前打で二進→左前打で本塁生還、現地実況「並外れた速さ」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が24日(日本時間25日)、敵地ブルージェイズ戦に「5番・DH」で3戦連続スタメン出場。二塁打2本を放ち、3打数2安打2四球で4出塁の活躍で、8-1の快勝に貢献した。第5打席には投手強襲で二遊間を割った中前打で二塁を陥れる“センター前二塁打”を披露。さらに、次打者の安打でホームを踏んだ。初上陸のトロントを疾走した二刀流に対し、現地実況も「まるで、もう一つ武器を備えているようだ」とうなった。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 初上陸のトロントに、大谷は単なる二刀流じゃないと見せつけた。

 エンゼルスが7-1とリードし、9回2死走者なしで迎えた第5打席。右腕・マグワイアの初球を捉えた。投手を強襲した打球は二遊間を抜け、そのままセンターにゴロで転がった。中堅手がチャージして処理する。しかし、単打と判断したのか、処理にわずかに隙があった。大谷は見逃さなかった。一塁を蹴って二塁に突進した。

 中堅手は慌ててセカンドに入った遊撃手に送球したが、大谷は大きなストライドから猛スピードで足から滑り込んだ。二塁塁審の判定はアウト。しかし、すかさずソーシア監督がチャレンジを申告すると、セーフに覆った。トロントでのブルージェイズ3連戦の最後まで盛り上げた。これには現地の実況もうなるしかなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集