[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子は「たくましい。雰囲気が堂々してる」 姉貴分・青木瀬令奈が直ドラに感心

国内女子ゴルフツアーのブリヂストンレディスが19日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6713ヤード、パー72)で開幕する。今季から米女子ツアーを主戦場にしている渋野日向子(サントリー)は一時帰国し、昨年11月以来の国内参戦。17日の練習ラウンドでは笑顔を見せながら、コースの状態を確認した。9ホールを一緒に回った青木瀬令奈(フリー)は、雨が降る中で渋野の直ドラ(ティーアップせずに放つドライバーショット)を目の当たりにし、「たくましい」と目を丸くした。

渋野日向子【写真:田邉安啓】
渋野日向子【写真:田邉安啓】

19日からブリヂストンレディス

 国内女子ゴルフツアーのブリヂストンレディスが19日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6713ヤード、パー72)で開幕する。今季から米女子ツアーを主戦場にしている渋野日向子(サントリー)は一時帰国し、昨年11月以来の国内参戦。17日の練習ラウンドでは笑顔を見せながら、コースの状態を確認した。9ホールを一緒に回った青木瀬令奈(フリー)は、雨が降る中で渋野の直ドラ(ティーアップせずに放つドライバーショット)を目の当たりにし、「たくましい」と目を丸くした。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 渋野のショットに青木が驚いた。午後からアウトコースの9ホールを一緒にラウンド。9番パー5(560ヤード)の第2打で直ドラを披露した姿を見て、「たくましい。雰囲気、攻め方が堂々としている」と表現した。青木も「直ドラショット」は武器にしているが、「私はこうした雨の中では打たないので」と言い、「海外でいろんなことを経験しているんだなとは思いました」と付け加えた。

 渋野は昨年12月、米女子ツアー最終予選会を通過すると、新たな武器としてオフから「直ドラ」を練習してきた。ロッテ選手権では有効に使い、2位につなげた。今大会のコースも6713ヤードと長く、青木が「渋野さんと『なげ~』と言いながら回っていました」と言うほどで、渋野が「直ドラ」が披露する機会もありそうだ。

 プレースタイルはよりアグレッシブにもなった渋野だが、フレンドリーで明るいキャラクターはそのままだった。前半のインコースを共に回った工藤優海は言った。

「日向子ってぃとは、(2017年の)ステップ・アップ・ツアーで一緒だったので、『懐かしいね~』と言っていました。でも、空気感はあの頃と変わってないな~と思いました」

 言葉通り、渋野は久しぶりの国内でのラウンドを楽しみ、一緒に回った工藤、上野菜々子と爆笑。2人にキャディーバッグに入れていたアロエヨーグルト味のハイチュウを渡し、一緒にモグモグと食べる場面もあった。渋野の面白く、切れ味のあるトークは18日の会見で披露されそうだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集