[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥、「左のボディーアッパーで5回KO」 米メディアがワンパンチ決着を予想

井上尚弥、「左のボディーアッパーで5回KO」 米メディアがワンパンチ決着を予想

プロボクシングの前WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は25日にWBA世界バンタム級タイトルマッチ(大田区総合体育館)で同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦する。米メディアでは3階級制覇の期待のかかる「The Monster」の代名詞でもある「左のリバーブロー」で、5回KO勝ちを予想。正規王者の10年間無敗の実情を暴露している。米ボクシング専門メディア「ボクシングニュース24」が報じている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

米メディアは井上の5回KO勝利を予想、ウイニングショットは宝刀「左のボディーアッパー」

 プロボクシングの前WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は25日にWBA世界バンタム級タイトルマッチ(大田区総合体育館)で同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦する。米メディアでは3階級制覇の期待のかかる「The Monster」の代名詞でもある「左のリバーブロー」で、5回KO勝ちを予想。正規王者の10年間無敗の実情を暴露している。米ボクシング専門メディア「ボクシングニュース24」が報じている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 すでに来日し、無敗のモンスター・井上相手に防衛の自信を示している正規王者。ここ22戦無敗だが、その実力には疑問符が伴うという。

「マクドネルはイノウエが自分のような相手と戦ったことがないと信じている。それは正しいかもしれない。5フィート5(168センチ)のイノウエは5フィート8(178センチ)のマクドネルほど身長の高い相手と戦ったことがない。しかし、実際の才能でいえば、イノウエの過去の対戦相手、デビッド・カルモナ、オマール・ナルバエス、リョウイチ・タグチに疑いなく大きく引けを取っている」

 記事ではマクドネルは井上が倒してきた猛者よりも才能で劣ると評され、元WBA・IBF世界ライトフライ級スーパー王者の田口良一(ワタナベ)らほどの実力はないと分析している。

 同メディアは、2016年11月にモンテカルロで行われたリボリオ・ソリス戦(ベネズエラ)は判定勝ちだったが、明らかに完敗が相応しかったと指摘している。

「実際のところ、マクドネルは過去10年で無敗だが、実際のところ、マクドネルはリボリオ・ソリスに負けている。あるいは、2016年に圧倒的大差で12ラウンド判定負けを喫しているべきだと言うべきか」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー