[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織ならナダルを止められる 粘り強さに海外メディア着目「ニシコリは逆境に強い」

テニスの4大大会の第2戦、全仏オープンが現地時間27日に開幕する。世界ランク21位の錦織圭(日清食品)が出場するが、大本命は過去に10度の優勝を誇る世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)だ。全仏オープンで79勝2敗と驚異の勝率を誇る“赤土の帝王”を止められるのは誰か、米メディアは「ナダルを止められる5選手」の一人に錦織を挙げている。

錦織圭【写真:Getty Images】
錦織圭【写真:Getty Images】

全仏10度優勝のナダルは.975と驚異の勝率、「止められる5選手」に錦織の名前も

 テニスの4大大会の第2戦、全仏オープンが現地時間27日に開幕する。世界ランク21位の錦織圭(日清食品)が出場するが、大本命は過去に10度の優勝を誇る世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)だ。全仏オープンで79勝2敗と驚異の勝率を誇る“赤土の帝王”を止められるのは誰か、米メディアは「ナダルを止められる5選手」の一人に錦織を挙げている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 米テレビ局「CBSダラス」電子版は「全仏オープンでラファエル・ナダルを止められる5選手」と題して特集を組んでいる。

「来週の全仏オープンに向けたクエスチョンは『誰がナダルを倒すか』ではなく『誰がナダルからセットを奪えるか』かもしれない。“クレーキング”とも呼ばれるスペイン人はローランド・ギャロスで記録更新となる11回目のタイトル獲得が大本命となっている」

 記事ではこう伝え、ナダルがクレーコートで圧倒的な強さを誇っていることに言及。特に全仏オープンでは79勝2敗という驚異の成績を残していることを紹介している。

 全仏で10度の優勝を誇るナダルが、過去に敗れたのは2009年のロビン・セーデリング(スウェーデン)と2015年のノバク・ジョコビッチ(セルビア)の2人だけだという。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集