[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

そのボールはキャッチしちゃダメ! アイルランド2部でGKが衝撃の凡ミス

海外サッカーで、信じられないような珍プレーが起きた。GKがキャッチしたボールを一度地面に置き、再びキャッチ。当然ファウルとなり、ボールを掻っ攫われた挙句、ゴールを決められたのだ。

一度置いたボールを再びキャッチしてしまう(画像はサイトのスクリーンショットです)
一度置いたボールを再びキャッチしてしまう(画像はサイトのスクリーンショットです)

アイルランド2部リーグでGKが一度置いたボールを再びキャッチ、ボールを奪われゴール決められる

 海外サッカーで、信じられないような珍プレーが起きた。GKがキャッチしたボールを一度地面に置き、再びキャッチ。当然ファウルとなり、ボールを掻っ攫われた挙句、ゴールを決められたのだ。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 珍プレーの舞台はアイルランドの2部リーグ、キャビンティーリーFCとゴールウェイ・ユナイテッドの一戦だった。ゴールウェイ・ユナイテッドが2点リードの試合終了間際。GKタドゥ・ライアンは相手の力ないシュートを足で処理。時間を稼ぐために、ペナルティーエリア内でボールをキープしていたが、相手がチェックに来た際にボールを拾い上げた。

 ここまでは極めて普通のプレーだ。だが、ライアンはボールを地面に置くと、何を思ったか、このボールを再びキャッチしてしまったのだ。ボールを抱きかかえ、スパイクのひもを直そうとしているライアンから、相手選手はボールを掻っ攫い、味方にパス。あっさりと無人のゴールネットを揺らされてしまった。

 信じられないという様子のライアンだが、一度手から離れたボールを再びキャッチするのはファウル。このシーンについて、得点を許した側の「ゴールウェイ・ユナイテッド」が公式ツイッターでレポートしている。

「タドゥ・ライアンがバックパスを拾い上げたと判定された。キャビンティーリーはすぐさま理解しルーク・クルーカスが蹴り入れた」

 結局、試合は「ゴールウェイ・ユナイテッド」が2-1で逃げ切り。痛恨のミスによる影響は最小限に留められた格好で、GKライアンはホッと胸をなで下ろしていることだろう。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集