[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

体重超過の石澤開、当日計量パス 世界戦開催も謝罪「たくさんの方を裏切ってしまった」

ボクシングのWBO世界ミニマム級(47.6キロ以下)タイトルマッチの前日計量で体重超過を犯した挑戦者・石澤開(M.T)が22日、都内の日本ボクシングコミッション(JBC)で当日計量に臨み、新たに設定された規定体重の50.6キロでパスした。21日の前日計量では2.3キロの大幅オーバー。初防衛を狙う対戦相手の王者・谷口将隆(ワタナベ)は47.6キロで一発クリアしていた。試合は東京・後楽園ホールで行われる。戦績は28歳の谷口が15勝(10KO)3敗、25歳の石澤が10勝(9KO)1敗。

当日計量をパスし、謝罪した石澤開【写真:浜田洋平】
当日計量をパスし、謝罪した石澤開【写真:浜田洋平】

WBO世界ミニマム級タイトルマッチ、体重超過の石澤開が当日計量

 ボクシングのWBO世界ミニマム級(47.6キロ以下)タイトルマッチの前日計量で体重超過を犯した挑戦者・石澤開(M.T)が22日、都内の日本ボクシングコミッション(JBC)で当日計量に臨み、新たに設定された規定体重の50.6キロでパスした。21日の前日計量では2.3キロの大幅オーバー。初防衛を狙う対戦相手の王者・谷口将隆(ワタナベ)は47.6キロで一発クリアしていた。試合は東京・後楽園ホールで行われる。戦績は28歳の谷口が15勝(10KO)3敗、25歳の石澤が10勝(9KO)1敗。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 当日計量は非公開で実施された。終了後に報道陣の前に現れた石澤は、神妙な面持ちで「この度はプロとしてやってはいけないことをやってしまい、深くお詫びいたします」と深々と頭を下げて謝罪。「相手、陣営、防衛戦を楽しみにしてくださったたくさんの方々を裏切ってしまいました。チャンスをくださったので全力を尽くします」と言葉を並べた。

 前日から食べ物は口にしておらず、水分のみ摂取。コンディションは「回復しきってはいない」としたが、「試合の機会をくださったので、それ(体調)は二の次。チャンスをくださったので、僕のできることを全力でやるだけです」と話した。

 世界初挑戦の同級5位・石澤は、前日計量で50.1キロ。2時間後の再計量でも49.9キロとパスできなかった。ワタナベジムは谷口の意見を聞いた上で相手陣営、JBCらと協議した結果、当日計量は午後5時半に実施し、規定体重はミニマム級のリミット47.6キロから3キロを上限とする50.6キロに設定。試合中止の選択肢もあった中、谷口陣営は「興行は流せない」と開催する意向を示していた。

 試合は世界タイトルマッチとして行われ、グラブのハンデはなし。WBOのルールでは、王者が体重超過した挑戦者に負けた場合、王座から陥落。挑戦者は王座に就くことはなく、空位になる。

 石澤は20日午前の練習で脱水により、突如体調を崩した。休息後の夜に練習を再開したが、体重を落とせず。世界戦に臨む日本人では、2018年4月のWBC世界フライ級王者・比嘉大吾以来2人目の体重オーバーの失態を犯した。JBCは石澤に対し「何らかの処分を審議する」と方針を示していた。

 谷口は19年9月の日本同級王座挑戦者決定戦で石澤に判定勝ち。今回は2年7か月ぶりの再戦となる。前日計量後の取材では「気持ち的にも、戦い方も変わらない。イレギュラーですが、プランは今のままでいきます」とコメント。午後8時台が想定される試合までに5キロ弱戻し、52キロ超で臨むことを明かしていた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集