[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥「前回以上の内容で勝つ」 6.7再戦へ、リベンジ狙うドネア「次は勝てる」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が30日、都内で会見し、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦を行うことを発表した。2019年11月以来の再戦。勝てば日本人初の3団体統一王者の偉業となる。戦績は28歳の井上が22勝(19KO)、39歳のドネアが42勝(28KO)6敗。

2019年WBSS決勝の会見で対面した井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:荒川祐史】
2019年WBSS決勝の会見で対面した井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:荒川祐史】

井上尚弥が次戦発表

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が30日、都内で会見し、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦を行うことを発表した。2019年11月以来の再戦。勝てば日本人初の3団体統一王者の偉業となる。戦績は28歳の井上が22勝(19KO)、39歳のドネアが42勝(28KO)6敗。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 試合はPrime Videoにて「Prime Video presents Live Boxing」の第2弾として独占ライブ配信される。日本のプライム会員は追加料金なしで視聴可能。第1弾では、4月9日のWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(帝拳)とIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)の王座統一戦(さいたまスーパーアリーナ)の独占生配信を予定している。

 会見に出席した井上は「まずこのドネアとの再戦が決まった時、正直ワクワクというか、前回決勝を鮮明に思い出しました。ドネアがWBCの王者を獲り、素晴らしい内容で勝利している。自分もドネアへの興味が上がった。モチベーションを上げてくれたと思います。一度決着がついていますが、決まったからには前回以上の内容で勝つことを約束します。13ラウンド目だと覚悟しています。前回以上の試合を期待して応援してください」と話した。

 ドネアはビデオメッセージで「とてもワクワクしているよ。お互い前より強くなっているので興奮度も上がっている。もう一度やりたいと思っていたから楽しみだ」とコメント。前戦について「あの試合はエキサイティングだった。ファンなら必見の一戦。僕にとっても大きな学びとなった試合。他の選手と比較するのは難しい。あの試合が僕を生き返らせた。なるべく早く再戦がしたかった」と振り返り、「リングを降りる時に『倒せたはずだ』と思ったんだ。次は勝てると思う。狩りに行くだけだよ」と気合十分だった。

 井上とドネアは、19年11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で対戦。井上が2回に左フックを受け、右目眼窩底と鼻骨の骨折を負った。キャリア初の流血となったが、11回に左ボディーでダウンを奪取。3-0の判定勝ちを収め、多くの海外メディアで「年間最高試合」に選ばれるほど歴史的死闘を演じた。

 5階級制覇王者のドネアは井上戦後、昨年5月にWBC王座奪取。同12月に初防衛を果たした。数々の敵をなぎ倒してきた強打の左フックを武器に、「閃光」の異名を持つレジェンドだ。

 井上のかねてからの目標は、ボクシング界にある主要4団体全てのベルト統一。WBC王座を持つドネアを倒せば、日本人初の3団体統一王者となる。残されたバンタム級王座は一つ。WBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)は、4月22日(日本時間23日)に英リバプールでポール・バトラー(英国)と5度目の防衛戦を行う。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集