[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨のリアクションが「最高の瞬間だ」 米誌が“選出”した世界フィギュアの一幕

フランス・モンペリエで開催されたフィギュアスケートの世界選手権で、男子シングルは宇野昌磨(トヨタ自動車)が合計312.48点を記録し、初優勝を飾った。キス・アンド・クライではステファン・ランビエールコーチと抱き合い、喜びを分かち合ったが、米専門誌はこの光景に「世界選手権で最高の瞬間」と脚光を浴びせている。

世界選手権男子シングルで優勝した宇野昌磨【写真:AP】
世界選手権男子シングルで優勝した宇野昌磨【写真:AP】

世界選手権で初優勝

 フランス・モンペリエで開催されたフィギュアスケートの世界選手権で、男子シングルは宇野昌磨(トヨタ自動車)が合計312.48点を記録し、初優勝を飾った。キス・アンド・クライではステファン・ランビエールコーチと抱き合い、喜びを分かち合ったが、米専門誌はこの光景に「世界選手権で最高の瞬間」と脚光を浴びせている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 ショートプログラム(SP)首位で臨んだフリー。「ボレロ」を熱演し、5本中4本の4回転ジャンプを揃えた。キス・アンド・クライで得点を確認し、指導を受けるランビエールコーチに抱き着くように熱烈なハグ。右手を突き上げ、初の世界王者の喜びを噛みしめていた。

 師弟の感動の瞬間。米フィギュア専門誌「IFSマガジン」公式ツイッターは、宇野がランビエールコーチと抱擁したシーンについて「フリーの得点が発表された時のショウマ・ウノのリアクションは世界選手権で最高の瞬間だ」と脚光。大会で最高のシーンに“選出”した。

 2019年のGPフランス杯では8位で、この時は1人だったキス・アンド・クライで涙。会場こそ違うが、悔しい経験をしたフランスの地でリベンジを果たした。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集