[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥が「私を生き返らせた」 まだ成長する39歳ドネア、不敵な笑みに隠れた自信

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が30日、都内で会見し、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦を行うことを発表した。2019年11月7日に同会場で行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝以来の再戦。ドネアは前戦を振り返り、雪辱への自信を見せた。戦績は28歳の井上が22勝(19KO)、39歳のドネアが42勝(28KO)6敗。

ノニト・ドネア(撮影は2019年)【写真:荒川祐史】
ノニト・ドネア(撮影は2019年)【写真:荒川祐史】

井上尚弥が次戦発表

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が30日、都内で会見し、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦を行うことを発表した。2019年11月7日に同会場で行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝以来の再戦。ドネアは前戦を振り返り、雪辱への自信を見せた。戦績は28歳の井上が22勝(19KO)、39歳のドネアが42勝(28KO)6敗。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 井上が気持ちを高ぶらせた一方、ドネアも同じ想いだった。会見で公開されたのは、英語でインタビューを受ける映像。「とてもワクワクしているよ。お互い前より強くなっているので興奮度も上がっている。もう一度やりたいと思っていたから楽しみだ」と再戦を心待ちにした。

 前戦では、ドネアが2回に得意の左フックをぶち当て、井上に右目眼窩底と鼻骨の骨折を負わせた。しかし、11回に左ボディーでダウンを奪われ、0-3の判定負け。当時について「あの試合はエキサイティングだった。私にとっても大きな学びとなった試合」と振り返った。リングを降りる時に「倒せたはずなのに」と悔いが残ったという。

「イノウエは凄かった。でも、勝てるはずだ。今になってその想いはより強くなっている。あの試合が私を生き返らせた。なるべく早く再戦がしたかった。次は勝てると思う」

 5階級制覇を成し遂げた生きるレジェンド。敗戦後も闘志を失うことはなく、昨年5月にWBC王座を奪取すると、同12月に初防衛を果たした。ともに4回KOの貫録勝ち。強打の左フックを武器に「閃光」の異名を持つ。WBSS参戦前の18年4月までは、3.6キロ重い2階級上のフェザー級で戦っていた。バンタム級に戻って5試合を終え、戦うごとに凄みを増している。

 適正階級なのか。「バンタム級に落としてここがホームだと感じた。それまでは常に挑戦できる大きな試合を探していた」とモチベーションを探して上の階級に挑戦したと説明。「前の階級では思うような試合ができなかったが、ホームと思えるバンタム級になって約2年、スピードとパワーが戻って来た。スピードとパワーを融合して、自分の中に落とし込めた。戦略的なことも含め、かつての自分が戻って来た」と、今もなお成長を実感している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集