[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

堀琴音2勝目の裏に胃がん克服した56歳名キャディーの献身「娘のような感じですから」

国内女子ゴルフツアー今季第3戦・Tポイント×ENEOS最終日が20日、鹿児島高牧CC(6419ヤード、パー72)で行われ、混戦を制して堀琴音(ダイセル)がツアー2勝目を飾った。1打差の単独首位で出て一時は2位に陥落も、勝負所のパットを決めて3バーディー、1ボギーの70でまとめて通算9アンダー。2位で通算8アンダーの西村優菜、葭葉ルミに競り勝った。勝利を支えたのは、56歳の大溝雅教キャディー。2020年夏に胃がんの手術を受けて入院した際は、スランプ中の堀に励まされたというが、この日は厳しい場面でも「大丈夫だから」と言葉をかけていた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

堀琴音は優勝後、大溝雅教キャディーと笑顔で握手した【写真:Getty Images】
堀琴音は優勝後、大溝雅教キャディーと笑顔で握手した【写真:Getty Images】

国内女子ツアー第3戦・Tポイント×ENEOS

 国内女子ゴルフツアー今季第3戦・Tポイント×ENEOS最終日が20日、鹿児島高牧CC(6419ヤード、パー72)で行われ、混戦を制して堀琴音(ダイセル)がツアー2勝目を飾った。1打差の単独首位で出て一時は2位に陥落も、勝負所のパットを決めて3バーディー、1ボギーの70でまとめて通算9アンダー。2位で通算8アンダーの西村優菜、葭葉ルミに競り勝った。勝利を支えたのは、56歳の大溝雅教キャディー。2020年夏に胃がんの手術を受けて入院した際は、スランプ中の堀に励まされたというが、この日は厳しい場面でも「大丈夫だから」と言葉をかけていた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 大溝氏は、堀が表彰式に出ている間に会見した。そして、率直に喜びを表現した。

「涙が出そうなくらい、うれしいです。娘のような感じですから。スランプがあって復活して、(昨夏の)ニトリレディスで回った時、ショットが安定していたので、『そのうち、また勝つな』と思っていました。最近はパターがちょこちょこ入っていましたから。ラインは1人で読んでいますよ。僕は笑わせるのが仕事です(笑)」

 堀の変化は技術だけではなかった。アマチュア時代から知る間柄で、初めてバッグを担いだのは2014年の伊藤園レディス。当時と堀と比較し、「怒らなくなった」ことに大溝氏は驚いたという。

「前はミスをするたびに怒っていましたけど、変わってきました。特に先週と今週は(ミスをしても)『あれで大丈夫ですよね』と言っていました。浮き足立つところでも落ち着いていましたね」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集