[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

堀琴音2勝目の裏に胃がん克服した56歳名キャディーの献身「娘のような感じですから」

胃がん闘病時は堀が見舞い、会見のたびに「大溝さんと優勝がしたい」

 堀がスランプだった20年夏、大溝氏の早期胃がんが発覚。手術を受けて北海道の病院に入院していると、ニトリレディスに予選落ちした堀が見舞いに訪れ、「コース戻ってこないと大溝さんじゃないよ」と声を掛けていた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 心から信頼する関係ゆえに、堀は今季も会見に呼ばれるたびに「大溝さんと優勝したいです。大溝さんが担いで優勝できない選手の方が少ないので、優勝できなければ私が下手なだけ」と話していた。そして、有言実行。大溝氏は照れながら言った。

「そういうのを聞くと、目頭が熱くなりますね。これからも、もうちょっと(堀と)勝ちたいです」

 選手を気持ちよくさせて、優勝させた試合は小平智の米ツアー1勝も含めて男女通算32勝。この日も堀が14番で西村、葭葉と並んだことを知ると、さりげなく「一時は(6連続バーディーの内田ことこに)抜かされていたよ。でも、また首位に戻れたから大丈夫。まだツキはある」と励ましていた。

 名キャディーと名選手になりつつある26歳。次戦のアクサレディス(25~27日、宮崎・UMKカントリークラブ)でもコンビを組むことが決まっており、大溝氏は「これから40勝目指して頑張ります」と声を弾ませた。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集