[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ツアー2勝目の堀琴音、国内史上初の姉妹複数回Vに誇らしげ「やっと姉に並べてホッと」

国内女子ゴルフツアー今季第3戦・Tポイント×ENEOS最終日が20日、鹿児島高牧CC(6419ヤード、パー72)で行われ、混戦を制して堀琴音(ダイセル)がツアー2勝目を飾った。1打差の単独首位で出て一時は2位に陥落も、勝負所のパットを決めて3バーディー、1ボギーの70でまとめて通算9アンダー。2位で通算8アンダーの西村優菜、葭葉ルミに競り勝った。昨年7月のニッポンハムレディスクラシック以来、約8か月ぶりのV。姉の堀奈津佳も通算2勝、国内女子ツアー初の「姉妹で複数回優勝」も達成した。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

Tポイント×ENEOS、通算9アンダーで優勝を決めガッツポーズする堀琴音【写真:Getty Images】
Tポイント×ENEOS、通算9アンダーで優勝を決めガッツポーズする堀琴音【写真:Getty Images】

 国内女子ゴルフツアー今季第3戦・Tポイント×ENEOS最終日が20日、鹿児島高牧CC(6419ヤード、パー72)で行われ、混戦を制して堀琴音(ダイセル)がツアー2勝目を飾った。1打差の単独首位で出て一時は2位に陥落も、勝負所のパットを決めて3バーディー、1ボギーの70でまとめて通算9アンダー。2位で通算8アンダーの西村優菜、葭葉ルミに競り勝った。昨年7月のニッポンハムレディスクラシック以来、約8か月ぶりのV。姉の堀奈津佳も通算2勝、国内女子ツアー初の「姉妹で複数回優勝」も達成した。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 最終18番パー4。タップインで優勝パットを決めた堀は、両手を挙げて歓声に応えた。目はみるみる潤み、「ありがとうございました」と感謝の会釈を繰り返した。その姿を姉の奈津佳も見つめ、笑顔で拍手を送った。

 昨年7月のニッポンハムレディスクラシックでは、2位から出て若林舞衣子とのプレーオフを制してツアー初優勝を飾った。約3年に及ぶスランプを乗り越え、「必死でつかんだ1勝」だった。そして、それは福嶋晃子、浩子姉妹に続くツアー史上2組目の「姉妹優勝」となった。だが、今回の2勝目で、姉妹そろって史上初の複数回優勝を達成。堀は誇らしげに言った。

「正直、そこを一番思っていました。姉が2勝しているので、1勝しても、まだモヤモヤしたものがありました。1勝と2勝では響きも違いますし、2勝以上している人はそんなに多くないですから。なので、今季3戦目で優勝して、やっと姉と並べてホッとしました」

 初優勝後、トップ10入りは昨季だけで3度あったが、調子が落ちた時期もあった。「葛藤があって、本当に2勝目はできるのだろうか」と不安にもなったというが、指導を受ける森守洋コーチから「ツアーのフル参戦が久しぶりだから、調子が上がらないのは体力的な問題。ショットは全く問題ない」と励まされたという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集