[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

内村航平、美しい体操は「芸術作品。体操を見ていると思わせないこと」 会見一問一答

体操男子個人総合で五輪連覇した33歳の内村航平(ジョイカル)の引退イベント「KOHEI UCHIMURA THE FINAL」が12日、東京体育館で行われた。五輪と世界選手権を合わせて8連覇を達成し、40連勝の金字塔を打ち立てた個人総合の全6種目を完遂。「美しい体操」にこだわったレジェンドが現役最後の演技をやり切った。

引退イベント後に会見をする内村航平【写真:高橋学】
引退イベント後に会見をする内村航平【写真:高橋学】

内村航平引退イベント

 体操男子個人総合で五輪連覇した33歳の内村航平(ジョイカル)の引退イベント「KOHEI UCHIMURA THE FINAL」が12日、東京体育館で行われた。五輪と世界選手権を合わせて8連覇を達成し、40連勝の金字塔を打ち立てた個人総合の全6種目を完遂。「美しい体操」にこだわったレジェンドが現役最後の演技をやり切った。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 内村が最後の舞台を終えた。平行棒では微動だにしない美しい倒立を披露。最終種目の鉄棒冒頭に披露したのはH難度の離れ技「ブレトシュナイダー」。悲鳴交じりの歓声が上がった。しかし、着地は一歩後退。全盛期とは遠い演技に「だからTHE FINALなんです」と自虐的に笑った。

 大会後には会見に出席。主な一問一答は以下の通り。

――心境は。

「最後の最後までこんな大人数で記者会見をやって、このイベントの本気度を感じています。実際にやってみて僕が主役だったけど、ああやってリオと東京のメンバーを呼んでやって演技をつないだ。凄くいい演技会だった。ほとんど試合みたいな感覚。本当に団体戦をやっているかのよう。世界選手権、五輪のような集中できている感じが蘇ってきた。

 自身の演技としてはみっともない演技だった。前半の床の着地とかはこだわれた。あそこまでお客さんが入ると、気持ちも上がるなと。他の選手も言っていた。久々にお客さんがあれだけいるところで演技できた。もの凄くいい舞台を用意していただいた」

――体の状態は。

「全盛期と比べると6種目やる過酷さを感じた。技をやらなくても全てを完璧にこなすことが改めて難しんだなと。以前はできていたことを考えると自分が恐ろしくなる。虚しくなるとか、悲しくなるとかではなく、その頃の自分に恐ろしくなる。ここに向かうまでに調子を上げて、意外と6種目できるんじゃないかなと思ったけど、今日やって改めて無理でしたね。演技ではなく、技だけならできるかもしれない。日によって一個、二個見せることはできるかもしれない」

――演出にも携わった。

「全体的に演出が凄かった。種目をライトアップして見せるやり方も打ち合わせしてきた。本来なら全部暗くしてライトアップしたかったけど、鞍馬とかはそれだと難しい。かっこよく見せたかった。メリハリがあって良かったと思う。選手のモチベーションが上がる演出。打ち合わせではイメージできていなかったけど、凄すぎで圧倒された」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集