[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

内村航平、33歳最後の奮闘に「体を操る鬼だな」 託された次世代エース橋本大輝が感動

体操男子個人総合で五輪連覇した33歳の内村航平(ジョイカル)の引退イベント「KOHEI UCHIMURA THE FINAL」が12日、東京体育館で行われた。五輪と世界選手権を合わせて8連覇を達成し、40連勝の金字塔を打ち立てた個人総合の全6種目を完遂。「美しい体操」にこだわったレジェンドが現役最後の演技をやり切った。

引退イベント、演技の間に橋本大輝らと話す内村航平【写真:高橋学】
引退イベント、演技の間に橋本大輝らと話す内村航平【写真:高橋学】

内村航平引退イベント

 体操男子個人総合で五輪連覇した33歳の内村航平(ジョイカル)の引退イベント「KOHEI UCHIMURA THE FINAL」が12日、東京体育館で行われた。五輪と世界選手権を合わせて8連覇を達成し、40連勝の金字塔を打ち立てた個人総合の全6種目を完遂。「美しい体操」にこだわったレジェンドが現役最後の演技をやり切った。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 内村が最後の舞台を終えた。平行棒では微動だにしない美しい倒立を披露。最終種目の鉄棒冒頭に披露したのはH難度の離れ技「ブレトシュナイダー」。悲鳴交じりの歓声が上がった。しかし、着地は一歩後退。全盛期とは遠い演技に「だからTHE FINALなんです」と自虐的に笑った。

 イベント後に会見。鉄棒に臨んだ橋本大輝は「やっぱり楽しい一日。内村航平さんとまた団体戦のように戦えた。本当にいい経験になりました」とコメント。両肩痛など満身創痍の中で6種目を終えた大先輩の最後の奮闘についてこう明かした。

「体を操る鬼かなと思います。やっぱりそうならないとここまで結果を出せない。いろんな方が(内村を)体操を楽しむ少年と言うけど、それは練習を見てわかる。でも、やっぱり体を操らないと体操はできない。体を操る鬼だなと思います。久々に6種目を見て、体の負荷があったと思う。怪我で苦しい中で最後までやるのは本当に鬼だなと思いました」

 この日、自身は内村とともに鉄棒を演技。東京五輪は個人総合&鉄棒で2冠を達成し、エースとして背負っていくように名指しされたこともある。20歳の橋本は「いろんな大会を戦ってきて、チームのため、いろんな人のために戦ってきたけど、一人の選手、内村航平という人のために戦うのは初めてだった。お客さんも多くて、一人の人間に集まってきた。僕もそうなりたいし、僕たちがそうなっていかないといけないと思いました」と決意を込めた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集