[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

イ・ボミ、入国制限保証制度で開幕戦出場 会見で笑顔「知らなかった。凄く嬉しい」

女子ゴルフの今季開幕戦・ダイキンオーキッドレディス(沖縄・琉球GC)が3日から4日間開催される。イ・ボミ(韓国)が1日の会見に応じ、入国制限保証制度で出場する今大会への意気込みを語った。シード喪失して迎える今季だが、主催者推薦の8試合に加え、同制度で5試合に出場できる。「知らなかった。凄く嬉しかったし、頑張りたい」と笑顔で語った。

イ・ボミ【写真:Getty Images】
イ・ボミ【写真:Getty Images】

今季開幕戦・ダイキンオーキッドレディスへ意気込み

 女子ゴルフの今季開幕戦・ダイキンオーキッドレディス(沖縄・琉球GC)が3日から4日間開催される。イ・ボミ(韓国)が1日の会見に応じ、入国制限保証制度で出場する今大会への意気込みを語った。シード喪失して迎える今季だが、主催者推薦の8試合に加え、同制度で5試合に出場できる。「知らなかった。凄く嬉しかったし、頑張りたい」と笑顔で語った。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 白のポロシャツ姿で会見に登場したイ・ボミ。入国制限保証制度で今大会に出場できることとなった。過去にコロナ禍で来日できず、約束されていた試合数をこなせなかった海外選手への救済措置だ。ボミの場合はこの制度により、開幕戦から5試合の出場を保障されている。

「去年終わった後は、(主催者推薦)8試合でも多いかなと思ったが、いい成績で日本のツアーをやりたい気持ちが強い」と語ったボミ。2月中旬に日本に入国し、隔離期間を経て昨日沖縄入りした。「コースより自分のスイング、打ちたい球がイメージできるように」と話した。

 2015、16年賞金女王だが、今季のシード権は喪失。自身にとって昨季最後の試合だった昨年11月の伊藤園レディスでは「心が折れちゃうと思った」などと語り、最終QTも受けない意向を明かしていた。入国制限保証制度については「知らなかった。推薦だけと思っていたし、8試合全部貰えるかもわからなかった。5試合出ることになり凄く嬉しかったし、頑張りたい」と明るい表情を見せた。

 現在の状態については「正直、プライベートラウンドするときは良いラウンドができる。でも試合だと環境も違うし、ちょっと難しいことが凄く難しく感じてしまう。どうすればリラックスして試合で回ることができるか、悩んでいる」と正直に明かした。「今は不安が強いし、緊張している。でも試合できることはラッキーが来たと思って頑張る」と前を向いた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集