[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 全英OP銀トリオで決着 再春館製薬所が初代女王 山口茜「楽しんでやれた」

全英OP銀トリオで決着 再春館製薬所が初代女王 山口茜「楽しんでやれた」

バドミントンの新設大会トップ4トーナメントは25日にゼビオアリーナ仙台で最終日を行い、女子決勝は再春館製薬所(S/Jリーグ3位)が2-0で日本ユニシス(同リーグ1位)を破って初代女王の座に輝いた。再春館製薬所は、第1ダブルスで福島由紀、廣田彩花組、シングルスで山口茜が勝利。3選手は、いずれもBWF(国際バドミントン連盟)ワールドツアーで最高権威の全英オープンで準優勝。現地18日に閉幕し、20日に帰国したばかりで疲労がある中、前日に続いて第2ダブルスまで持ち込ませることなく、3人でチームを勝利に導いた。

福島由紀、廣田彩花組【写真:平野貴也】
福島由紀、廣田彩花組【写真:平野貴也】

福島、廣田組、山口が勝利、新設大会V…池田監督「チーム一丸で戦えた」

 バドミントンの新設大会トップ4トーナメントは25日にゼビオアリーナ仙台で最終日を行い、女子決勝は再春館製薬所(S/Jリーグ3位)が2-0で日本ユニシス(同リーグ1位)を破って初代女王の座に輝いた。再春館製薬所は、第1ダブルスで福島由紀、廣田彩花組、シングルスで山口茜が勝利。3選手は、いずれもBWF(国際バドミントン連盟)ワールドツアーで最高権威の全英オープンで準優勝。現地18日に閉幕し、20日に帰国したばかりで疲労がある中、前日に続いて第2ダブルスまで持ち込ませることなく、3人でチームを勝利に導いた。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 山口は、2月に行われたS/Jリーグ最終戦で敗れた高橋沙也加に雪辱。「リーグでは、自分が負けてチームの負けが決まった。今日は、自分が勝てばチームの勝ちが決まる状況だったので、楽しんでやれた」と喜んだ。大会は、S/Jリーグの上位4チームが参加する団体戦として行われた。池田雄一監督は「ベストメンバーで勝ち取りに行く気持ちで臨み、優勝できて良かった。日本ユニシスさんはベストオーダーではなかったけど、私たちは今季タイトルを取れていなかったので、勝てて嬉しい。選手にはきつい日程でしたけど、チーム一丸で戦えた」と話し、選手を労った。

 準優勝の日本ユニシスは、負傷を抱えているシングルスのエース奥原希望が出場せず、エースダブルスの高橋礼華、松友美佐紀組は高橋が腰を痛めている状況を考慮して、第2ダブルスの起用で最終日は出番がなかった。国際大会が増えて過密日程となる中での国内大会新設は、選手の負担が大きい(来季は、S/Jリーグの1チーム当たりの試合数を減らし、トップ4トーナメントはプレーオフとして開催される)。現状では、主要選手の出場回避は、非難し難い。日本ユニシスの場合は、その中でも戦力をやり繰りし、全英オープンで混合複の初優勝を飾った東野有紗がパートナーを替えながら準決勝、決勝と奮闘するなど底力を見せた。一つのやり方だったと言える。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー