[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「兄と比べられている以上は…」 尚弥との差、完勝でも痛感させられた井上拓真の心境

ボクシングのWBOアジアパシフィック・スーパーバンタム級(55.3キロ以下)王座決定戦12回戦が11日、東京・後楽園ホールで行われ、元WBC世界バンタム級暫定王者・井上拓真(大橋)が元東洋太平洋&日本スーパーバンタム級王者・和気慎吾(FLARE山上)に3-0で判定勝ち(三者とも117-110)した。国内屈指の実力者に完勝。しかし、4回に奪ったダウンから仕留めきれず、兄・尚弥との差を痛感した。戦績は25歳の拓真が15勝(3KO)1敗、34歳の和気が27勝(19KO)7敗2分け。

リングイン直前に兄・尚弥(右)から耳打ちされる井上拓真【写真:浜田洋平】
リングイン直前に兄・尚弥(右)から耳打ちされる井上拓真【写真:浜田洋平】

井上拓真が和気慎吾に3-0完勝も…痛感した課題とは

 ボクシングのWBOアジアパシフィック・スーパーバンタム級(55.3キロ以下)王座決定戦12回戦が11日、東京・後楽園ホールで行われ、元WBC世界バンタム級暫定王者・井上拓真(大橋)が元東洋太平洋&日本スーパーバンタム級王者・和気慎吾(FLARE山上)に3-0で判定勝ち(三者とも117-110)した。国内屈指の実力者に完勝。しかし、4回に奪ったダウンから仕留めきれず、兄・尚弥との差を痛感した。戦績は25歳の拓真が15勝(3KO)1敗、34歳の和気が27勝(19KO)7敗2分け。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 イメージ通りの一撃だった。4回。拓真のタイミングのいい右ストレートがモロにヒットした。和気は尻もちでダウン。リングサイドの兄からゲキが飛ぶ中、拓真は再開後も猛追した。左右の拳を振ったが、下がる相手に追撃の一発を当てられず。素早いフットワークとハンドスピードを武器に終始主導権を握って完勝したものの、心の中では納得していなかった。

「あそこ(4回のダウン後)で終わらせたいという気持ちもあったけど、冷静さがなくて詰めきれなかった。ナオ(尚弥)ならあそこで仕留める。差を痛感しました。ダウンした時の詰めの甘さがあると思う。狙い過ぎた。後半も相手を頑張らせたし、もっと一方通行で押していかないといけない」

 陣営の大橋秀行会長は「ダウンしたところで仕留めたら100%の評価。あそこで力んでしまった」と指摘したが、「試合全体では拓真の完封だった。見ていた人は足りないと思うかもしれないけど、個人的な評価は高い。兄と違う持ち味がある」と及第点。父・真吾トレーナーは「相手にダメージがあった時に(攻め方を)変える引き出しがほしい。いろいろ織り交ぜることが課題。それは本人もわかっている」とした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集