[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

目標は後輩「渋野です」 作陽高出身・成澤祐美が6度目で合格「いつか一緒に回りたい」

2021年度の日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)最終プロテストの最終ラウンド(R)が5日、京都・城陽CC(6400ヤード、パー72)で行われ、通算4オーバー、20位タイまでの21人が合格した。岡山・作陽高で渋野日向子の1学年先輩だった成澤祐美は、6度目の受験で悲願を達成した。合格ライン上の通算4オーバー。会見では「信じられない」と繰り返しながら、目標にするプロを聞かれると「渋野です」と即答した。

6度目の受験で最終プロテストに合格した成澤祐美【写真:Getty Images】
6度目の受験で最終プロテストに合格した成澤祐美【写真:Getty Images】

JLPGA最終プロテスト 20位タイまでの21人が合格

 2021年度の日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)最終プロテストの最終ラウンド(R)が5日、京都・城陽CC(6400ヤード、パー72)で行われ、通算4オーバー、20位タイまでの21人が合格した。岡山・作陽高で渋野日向子の1学年先輩だった成澤祐美は、6度目の受験で悲願を達成した。合格ライン上の通算4オーバー。会見では「信じられない」と繰り返しながら、目標にするプロを聞かれると「渋野です」と即答した。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 合格を知り、成澤は北海道から駆けつけた母親と抱き合って涙した。「信じられないです。1打1打に集中していましたが、本当に合格したんですかね」。最終プロテスト進出は、16、18、20年度に続いて4度目で、日本女子オープンは昨年26位、今年32位。作陽高時代は1学年下の渋野らと全国優勝を経験した実力者だが、遠回りしてようやく合格を手にした。

「パットが苦手でしたが、この最終になってよく決まるようになりました。このままパットが得意なプロになりたいです」

 渋野に負けず劣らずの明るいキャラクターで、会見では取材陣を笑わせた。「どんなプロになりたいですか」と問われると「シンプルにかっこいいプロになりたいです。見た目はしんどいんで(笑)、攻めのゴルフを見てほしいですね」。そして、目標とするプロを問われると、迷わずに「渋野です」と言った。

「後輩ですが、いつかツアーで渋野と一緒に回りたいです。できれば、最終日最終組で。彼女は果てしないところにいるので、追いつかないといけないですけど」

 成澤は北海道出身だが、作陽高時代を過ごした岡山県内に残り、今も生活している。「私、岡山が大好きなんで、これからの拠点にしていくつもりです」。このテストの合格者21人のうち、作陽高勢からは成澤を含めて4人が名を連ねた。成澤の1学年上の丹萌乃(5位)、2学年下の須江唯加(15位)、同校3年の尾関彩美悠(1位)だ。

 母校愛も強い成澤は「先輩、後輩も含めて4人で一緒に通れたのは、うれしいですね。もっと、みんなで作陽の名前を世の人に広められたらうれしいです」と声を弾ませた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集