[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プロテスト7度目で遂に合格 24歳・丹萌乃は目に涙「長かった。やっと終わった~と…」

2021年度の日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)最終プロテストの最終ラウンド(R)が5日、京都・城陽CC(6400ヤード、パー72)で行われ、通算4オーバー、20位タイまでの21人が合格した。2019年シーズンには、TP(トーナメントプレーヤー)単年登録者としてツアーに出場していた丹萌乃は通算イーブンパーの5位。7度目の受験にして悲願を達成した。

7度目の受験で最終プロテストに合格した丹萌乃【写真:Getty Images】
7度目の受験で最終プロテストに合格した丹萌乃【写真:Getty Images】

JLPGA最終プロテスト、20位タイまでの21人が合格

 2021年度の日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)最終プロテストの最終ラウンド(R)が5日、京都・城陽CC(6400ヤード、パー72)で行われ、通算4オーバー、20位タイまでの21人が合格した。2019年シーズンには、TP(トーナメントプレーヤー)単年登録者としてツアーに出場していた丹萌乃は通算イーブンパーの5位。7度目の受験にして悲願を達成した。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 丹は目に涙をためて会見に登場。7度目の受験で合格した心境を率直に明かした。

「私は試合に出ていた時期があったので、それがなくなってから長かったです。『しんどいな』とも思った時期もありました。なので、両親にいい報告できて良かったです。2人とも泣いていましたし、私も号泣しました」

 言葉通り、丹はツアー予選会(QT)を経て19年シーズンはツアー35試合に出場している。しかし、翌20年からは規定が改正され、ツアー予選会(QT)出場も「原則JLPGA会員」となった。そのためにプロテストに通るしかなかったが、丹は岡山・作陽高を卒業してから今春実施の20年度テストまで6度受験で全て不合格。15年度と18年度には、1打差で涙を飲んでいた。

 その過程もあって、丹は「『やっと、終わった~』と思いました」と実感を込めた。ただ、今月中に1次QT(23~26日)、最終QT(30~12月3日)が開催され、最終で上位に入って来季の出場権を手にしなければ、安堵はできない。「またツアーに出たいですし、シード権も取りたいですし、早く勝ちたいです」。高校の2学年後輩、渋野日向子は先を走っているが、遅咲きの24歳がここから巻き返していく。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集