[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥、迎え撃つ王者の勇気を米メディア称賛 「モンスターに勝てば名声舞い込む」

井上尚弥、迎え撃つ王者の勇気を米メディア称賛 「モンスターに勝てば名声舞い込む」

プロボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)が5月25日(大田区総合体育館)にWBA世界バンタム級タイトルマッチ12回戦で、同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦することが決まった。米メディアは、パウンド・フォー・パウンドでも上位にランクインする井上を迎え撃つマクドネルの勇気を称賛。“モンスター”を返り討ちにし、V7を達成すれば、「巨大な名声が舞い込むだろう」と称えている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

井上の挑戦を受けるマクドネル、下馬評は挑戦者有利だが勝てば「巨大な名声が舞い込む」

 プロボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)が5月25日(大田区総合体育館)にWBA世界バンタム級タイトルマッチ12回戦で、同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦することが決まった。米メディアは、パウンド・フォー・パウンドでも上位にランクインする井上を迎え撃つマクドネルの勇気を称賛。“モンスター”を返り討ちにし、V7を達成すれば、「巨大な名声が舞い込むだろう」と称えている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

「マクドネルは”モンスター”に勝つことができるのか? ジェイミー・マクドネルはバンタム級のベルトを守るべく、恐怖のパンチャー、ナオヤ・イノウエを迎え撃つ」

 米ボクシング専門メディア「イースト・サイド・ボクシング」はこう見出しをつけて、日本のみならず世界のボクシングファン注目の一戦を特集している。

 全17カテゴリーのボクサーを比較する格付け「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」でベスト10入りしている井上。階級の枠にとらわれない“モンスター”の挑戦を受けた英国人王者をたたえている。

 記事では「もしマクドネルが恐怖のパンチャー、ナオヤ・イノウエ相手に防衛に成功すれば、イギリスの戦士には巨大な名声が舞い込むことになるだろう。あくまで”モンスター”の異名を持つ無敗のパンチャーを撃破できればの話だ」と伝え、勝てば大きな名誉を手にすることができると同時に、スーパーフライ級で無敵を誇った井上の強さにも言及している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー