[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 長洲未来が流した、“歓喜”と“落胆”2つの涙の理由は? 「揺れ動く1週間でした」

長洲未来が流した、“歓喜”と“落胆”2つの涙の理由は? 「揺れ動く1週間でした」

平昌五輪では日本人を両親を持つ女子フィギュアスケーターも美しい輝きを放った。長洲未来(米国)はフィギュア団体戦フリーで2位と活躍。五輪では米国女子では初となるトリプルアクセルに成功し、銅メダル獲得に貢献したが、シングルではジャンプに失敗するなど、10位に終わった。長洲は大会中に歓喜と絶望の涙を流したことを告白。米誌「ピープル」が報じている。

長洲未来【写真:Getty Images】
長洲未来【写真:Getty Images】

長洲は団体戦で米国の銅メダルに貢献、しかしその後の“救った”発言が波紋

 平昌五輪では日本人を両親を持つ女子フィギュアスケーターも美しい輝きを放った。長洲未来(米国)はフィギュア団体戦フリーで2位と活躍。五輪では米国女子では初となるトリプルアクセルに成功し、銅メダル獲得に貢献したが、シングルではジャンプに失敗するなど、10位に終わった。長洲は大会中に歓喜と絶望の涙を流したことを告白。米誌「ピープル」が報じている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

「今回の五輪では、私の行いで本当に泣きました。忘れることができない経験です。喜びの涙とストレスによる涙です。本当に心が揺れ動く一週間でした。多くを学びました」

 長洲はこう語ったという。“ストレス”の涙の理由は、自らの発言が発端だった。団体戦で銅メダルを獲得したが、シングルでは男女ともにメダルなしに終わった米国。長洲も報道陣からの様々な質問を受けたという。

 五輪を終えて安堵感と疲労感を抱えた長洲は今後について、「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ」(芸能人やスポーツ選手が社交ダンスのレッスンを受け、勝ち抜き戦を行う人気テレビ番組)への出演を希望した。その理由については「なぜなら、私はスターになりたいの」とコメントしたという。

 “ストレス”の理由はある発言にあった。団体戦での女子フリーでは会心の演技でアリーナ・ザギトワ(OAR)に次ぐ2位。この時の自身のパフォーマンスで「(チームを)救った」と語ったことが、米国メディアからは「奇妙」とまで批判されたという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー