[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

インドの17歳女子スケーター、“世界最低得点”記録も露メディア感動「ハートを掴む」

フィギュアスケートのフィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)シリーズ第4戦・ロシア大会女子シングルで“世界最低得点”を出した17歳のインド人スケーターが話題となっている。女子ショートプログラム(SP)とフリーで記録した合計27.56点は国際大会における“最低得点”だったようだが、ロシアメディアでは「インド人スケーターがハートを掴む」などと報じている。

フリーで紫色の衣装で演技するパリイ・スロヒ【写真:Getty Images】
フリーで紫色の衣装で演技するパリイ・スロヒ【写真:Getty Images】

ジュニアGPロシア大会で国際大会初挑戦

 フィギュアスケートのフィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)シリーズ第4戦・ロシア大会女子シングルで“世界最低得点”を出した17歳のインド人スケーターが話題となっている。女子ショートプログラム(SP)とフリーで記録した合計27.56点は国際大会における“最低得点”だったようだが、ロシアメディアでは「インド人スケーターがハートを掴む」などと報じている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 優勝したソフィア・アカチエワ(ロシア)がマークした233.08と比べると、約10分の1の得点。それでもパリイ・スロヒ(インド)の演技は見るものの胸を打ったようだ。白と紫の衣装を身にまとったフリー。スロヒは楽しそうに氷上を滑った。

 ジュニアグランプリ公式YouTubeでは実際の演技を公開しているが、その中で実況は「何て素敵でしょう」「彼女の演技には美しい心がこもっている」「氷上に立つが大好きだということが伝わってきます」「大会に出場するには大変な誇りと情熱、勇気がいるものです」と賛辞を並べている。

 またロシア放送局「ロシア・トゥデー」でも「シベリアで大会に出場し“世界最低得点”を記録したインド人スケーターがハートを掴む」とのタイトルで大会をレポートしている。

 英紙「デイリー・スター」でも「インド人フィギュアスケーターが“世界最低得点”を記録した後、心温まる反応をみせる」とのタイトルで報じており、記事の中ではスロヒについて「しかしフィギュアスケートを始めて3年のスロヒはこの経験は成長の一部であり、ロシアで滑ることができたことについての誇りを口にした」として、インドの17歳の言葉を伝えている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集