[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロッテがZOZOマリンでAED実証実験 29日オリックス戦前に「RED SEAT」導入に向けて取組

プロ野球・ロッテはAEDの普及啓発、教育訓練活動を展開している公益財団法人日本AED財団と協力し、本拠地ZOZOマリン内でAEDが必要な場合に1秒でも早く届けられる体制整備を進めるための実証実験を、9月29日のオリックス戦(ZOZOマリン)の試合開始前に実施すると発表した。

ZOZOマリンに設置されているAED【写真:球団提供】
ZOZOマリンに設置されているAED【写真:球団提供】

観戦来場者の参加はなし、救命に対する意識の啓発も図る

 プロ野球・ロッテはAEDの普及啓発、教育訓練活動を展開している公益財団法人日本AED財団と協力し、本拠地ZOZOマリン内でAEDが必要な場合に1秒でも早く届けられる体制整備を進めるための実証実験を、9月29日のオリックス戦(ZOZOマリン)の試合開始前に実施すると発表した。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 今回の実証実験では、ZOZOマリンに設置されているAEDを救命ボランティアが想定心停止現場まで運搬し、その運搬にかかった時間を計測(運搬には模型を使用)。その結果をもとに適切なAEDの配置数、位置、密度などを検証する。なお、この実証実験はスポーツ観戦中の心停止による死亡者をなくすための「RED SEAT(レッド・シート)」という仕組みの導入に向けた取り組みとして実施される。

 RED SEATはスタジアム内に赤い布を被せた席を設定し、その席で観戦する人にAEDの場所を事前に把握してもらうことで、心停止現場へ1秒でも早くAEDを運搬するという仕組み。また、防災月間である9月中にこの活動を実施し、球場スタッフやマリーンズファンの救命に対する意識の啓発も図る。実証実験の概要は次の通り。

 日時:9月29日オリックス戦の試合開始前、午後3時00分(開場前)と午後4時50分(開場後)

 場所:ZOZOマリン観客席フロア2及びフロア4

 参加:(公財)AED財団、千葉ロッテマリーンズ(当日観戦来場者の参加なし)

 目的:ZOZOマリンにおける適切なAEDの設置数、位置、密度の検証。球場スタッフやマリーンズファンの救命に対する意識啓発

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集