[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2試合連続Vへ独走首位の西村優菜 60H連続ノーボギー記録まで残り25Hも「意識せずに」

国内女子ゴルフツアーのミヤギテレビ杯ダンロップ女子第2ラウンド(R)が25日、宮城・利府GC(6591ヤード、パー72)で行われた。前週優勝の西村優菜(スターツ)が、1イーグル、5バーディー、ボギーなしの65で回り、通算13アンダーで第1ラウンドからの単独首位を守った。2位に5打差をつける独走状態で、前週(短縮36ホール競技)第1Rの13番から始まった連続ノーボギー記録(ホールバイホールの記録が残る1990年以降)は60ホールになった。そして、今日26日の最終Rもボギーを打たなければ、記録は歴代6位の78ホールに達する。

単独首位を守った西村優菜【写真:Getty Images】
単独首位を守った西村優菜【写真:Getty Images】

渋野日向子は58H連続ノーボギー

 国内女子ゴルフツアーのミヤギテレビ杯ダンロップ女子第2ラウンド(R)が25日、宮城・利府GC(6591ヤード、パー72)で行われた。前週優勝の西村優菜(スターツ)が、1イーグル、5バーディー、ボギーなしの65で回り、通算13アンダーで第1ラウンドからの単独首位を守った。2位に5打差をつける独走状態で、前週(短縮36ホール競技)第1Rの13番から始まった連続ノーボギー記録(ホールバイホールの記録が残る1990年以降)は60ホールになった。そして、今日26日の最終Rもボギーを打たなければ、記録は歴代6位の78ホールに達する。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 これまでの連続ノーボギー最高記録は、今年7月に若林舞衣子が樹立した85ホールだが、現在60ホールの西村は、若林が85ホールの間にマークしたのと同数の26バーディー(1イーグルを含む)を記録。連続60ホール中のバーディー率は43.33%になっている。

 この驚異的なペースでバーディーを量産し、ボギーも打たない西村が狙うのは、4度目にして初めての逃げ切り優勝と初の2連勝だ。連続ノーボギーについては「今日(第3R)も1、2回あったピンチに耐えられているので、パッティングがノーボギーに繋がっているんじゃないかなと思います」と分析。その上で「ボギー打たないでおこうと思いながらラウンドしていると、ちょっと、守りに入ってしまうかなと思いますし、そこ(連続ノーボギー)はあまり意識せずに」と冷静だった。

 なお、渋野日向子も前週第1Rの15番から58ホール連続でノーボギー。その間に13バーディーを奪っている。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集