[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゴルフ界初の双子V 岩井明愛、土壇場で強気の水切りショット「初めてで緊張した」

女子ゴルフの下部ツアーに相当する「ステップ・アップ・ツアー」の山陽新聞レディース最終ラウンド(R)が19日、岡山・東児が丘マリンヒルズGC(6367ヤード、パー72)で行われた。単独首位スタートの19歳・岩井明愛(あきえ)は6バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの70で回り、通算8アンダー。2位に1打差で初優勝を飾った。同ツアーの前戦・カストロールレディース(1~3日)では、双子の妹・千怜(ちさと)が初優勝。レギュラーツアーも含め、国内では史上初の姉妹2試合連続優勝の快挙を成し遂げた。この日、千怜は5オーバーで54位だった。

プロ初優勝を飾った岩井明愛【写真:Getty Images】
プロ初優勝を飾った岩井明愛【写真:Getty Images】

ステップ・アップ・ツアー山陽新聞レディース

 女子ゴルフの下部ツアーに相当する「ステップ・アップ・ツアー」の山陽新聞レディース最終ラウンド(R)が19日、岡山・東児が丘マリンヒルズGC(6367ヤード、パー72)で行われた。単独首位スタートの19歳・岩井明愛(あきえ)は6バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの70で回り、通算8アンダー。2位に1打差で初優勝を飾った。同ツアーの前戦・カストロールレディース(1~3日)では、双子の妹・千怜(ちさと)が初優勝。レギュラーツアーも含め、国内では史上初の姉妹2試合連続優勝の快挙を成し遂げた。この日、千怜は5オーバーで54位だった。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 最終18番パー5。第2打をグリーン右の池に入れた明愛が、おもむろに右足の靴と靴下を脱いだ。無観客試合で見守る関係者が、「えっ」と声を上げる中、アドレスに入った。2位に3打差で1打罰を払って打てば、優勝がより近くなる状況下、水面から10センチ下のボールに向けてクラブを振り下ろした。瞬間、本人が見失ったボールはわずかに前に飛んで、再び池の中へ。ここで明愛が明るく言った。

「もう1回打ちま~す」

 今度は深さ3センチ程度だったが、明愛は迷わず第4打を放ち、ボールをグリーン奥に運び出した。2位のアマチュア永嶋花音はバーディーチャンスにつけ、見守る妹・千怜の表情は硬いままだが、明愛は笑顔を絶やずにプレーを続けた。そして、永嶋がパーでホールアウト。明愛はダブルボギーでプレーを終えて、1打差で下部ツアーながらプロ初優勝を飾った。

 決まった瞬間、明愛はかすかに微笑んだ。ガッツポーズはなく、千怜から「おめでとう。(最終ホールの)2打目が難しかったね」と声を掛けられると、「難しかった。でも、良かったよ」と返した。そして、優勝インタビューで最終18番のウォーターについて問われると、改めて見守る関係者を驚かせた。

「私も初めてだったので、どこに行くか分からなかったですが、チャレンジしました。前半はバーディーが来て、後半はショットが乱れる中、(16番パー4で)チップインバーディーもあったりで、18番で(2位に)3打差あったので安心してできました。でも、緊張しました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集