[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

無防備な相手の背後から右フック レフェリーの判断に米唖然「酷い」「ジョークだろ」

米ボクシングで中途半端なレフェリングが起きた。18日(日本時間19日)のスーパーバンタム級6回戦でエロン・デ・ヘススがラホン・チャンス(ともに米国)の後ろから攻撃。レフェリーが試合を止めていなかったシーンの動画に対し、米ファンから「酷いな」「ジョークだろ」と声が上がっている。

チャンスが無防備となったところに、ヘススが攻撃(画像は「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」公式ツイッターのスクリーンショットより)
チャンスが無防備となったところに、ヘススが攻撃(画像は「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」公式ツイッターのスクリーンショットより)

選手は首を振ってアピールしたが…

 米ボクシングで中途半端なレフェリングが起きた。18日(日本時間19日)のスーパーバンタム級6回戦でエロン・デ・ヘススがラホン・チャンス(ともに米国)の後ろから攻撃。レフェリーが試合を止めていなかったシーンの動画に対し、米ファンから「酷いな」「ジョークだろ」と声が上がっている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 5回開始20秒頃、チャンスは首を小さく振ってコーナーに下がろうとした。無防備となったところに、ヘススが攻撃。チャンスはたまらず避けようとしたが、相手を背負うような体勢になり、背後から右フックをもらった。レフェリーは慌てて中断。しかし、すぐさま試合を続行させた。

 試合が止まっていない以上、選手は攻撃をするものであり、中断を求めた側も勝手に判断してはいけない。このシーンの動画を公開した米興行大手「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」公式ツイッターは、「チャンスは見えなかったと主張」とつづって紹介した。米ファンからは唖然とした様子の声が集まっている。

「このレフェリー選んだの誰だよ」
「後頭部からのパンチは、才能あるボクサーに視力の問題を引き起こすんだけど…」
「酷いな」
「レフェリーはカウントを始めなかったよね?」
「タイムアウトを宣告してダウンを取って、アディショナルタイムを与えよう」
「ジョークだろ」

 試合はこの後にヘススがダウンを奪ったが、判定はドローとなった。攻勢に出ていただけに、判定結果への不満の声も寄せられていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集