[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

し、しまった…あわや大怪我、バットボーイの“失態”に米騒然「なぜ球を転がした?」

米大リーグで冷や汗をかくシーンがあった。11日(日本時間12日)のメッツ―パドレス戦で、ファウルフライを捕りに走った三塁手の足元にボールが散乱。転倒の危険性のあったシーンの動画をMLB公式ツイッターが公開すると、米ファンから「ボールがたくさん!」「なぜボールを転がしたんだ?」と注目を浴びている。

メッツのジョナサン・ビラー【写真:Getty Images】
メッツのジョナサン・ビラー【写真:Getty Images】

打球を追った三塁手が…米ファンも冷や汗「ジャグリングをやったみたいだ」

 米大リーグで冷や汗をかくシーンがあった。11日(日本時間12日)のメッツ―パドレス戦で、ファウルフライを捕りに走った三塁手の足元にボールが散乱。転倒の危険性のあったシーンの動画をMLB公式ツイッターが公開すると、米ファンから「ボールがたくさん!」「なぜボールを転がしたんだ?」と注目を浴びている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 危なかった。5回2死走者なし。パドレスのジュリクソン・プロファーが三塁側へ打ち上げた。ふらふらと上がった平凡なファウルフライ。メッツ三塁手のジョナサン・ビラーが打球の行方を追った。余裕でキャッチできると思った瞬間、足元にボールが5つも転がった。ビラーの左のつま先に当たったものの、踏むことはなくボールをキャッチ。三邪飛に終わった。

 そばには倒れたボールケース。周囲は騒然となり、審判も苦笑いを浮かべた。バットボーイは頭を抱え、申し訳なさそうにボールを集めている。MLB公式サイトは動画付きで記事を掲載。「バットボーイが誤ってボールケースを倒してしまった。ボールを追いかけたビラーは転がっているボールに気付かなかったのかは分からないが、無事に捕球することができた」とつづっている。

 動画を公開したMLB公式ツイッターのコメント欄には、米ファンから「これは危ない」「ボールがたくさん!」「ジャグリングをやったみたいだ」「なぜボールを転がしたんだ?」「堅いプレー」「怪我するところだった」と反応が集まっている。大事に至らなくてよかったと思わせるシーンだった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集