[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の「波乱万丈の一日」 悶絶直後の“185km二塁打”に米記者「立派すぎる」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、11日(日本時間12日)の敵地ダイヤモンドバックス戦に「2番・投手」で先発し、5回2失点で勝敗つかず。打席では2本の二塁打を放った。自打球が膝に直撃して悶絶したり、ボーク2つをとられたりしたことに米記者は「波乱万丈の一日」と表現。プレー動画が多数公開される中、「立派すぎる」と驚かせている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

12日の大谷翔平、投打の活躍シーンに米記者注目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、11日(日本時間12日)の敵地ダイヤモンドバックス戦に「2番・投手」で先発し、5回2失点で勝敗つかず。打席では2本の二塁打を放った。自打球が膝に直撃して悶絶したり、ボーク2つをとられたりしたことに米記者は「波乱万丈の一日」と表現。プレー動画が多数公開される中、「立派すぎる」と驚かせている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 大谷劇場だった。3回の打席で右膝付近に自打球を当て「うあー!」と悶絶。ヒヤリとさせたが、直後に打球速度114.9マイル(約185キロ)の適時二塁打を放った。その裏の投球では、2死二、三塁から99マイル(約159キロ)の速球で空振り三振。ピンチを脱し、雄叫びを上げた。5回にはボークを2つとられて納得のいかない表情を浮かべていた。

 いろいろあった一日について、米記者はツイッターに印象を投稿。米スポーツ専門局「ESPN」のレポーター、アルデン・ゴンザレス氏は「波乱万丈のオオタニの先発日が終わった。5回2失点。ただ2度のボークと振り逃げの失点で、スコア以上の投球を見せたと思う。自打球にも関わらず彼は右翼も守ったし、2本の二塁打も放った」と表現した。

 米カリフォルニア州地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」のエンゼルス番ジェフ・フレッチャー記者は「オオタニは中堅二塁打を許して1死二、三塁とした。しかし、その後の2人の打者を97-99マイルの球で連続三振に打ち取った。本当にありえない」とツイート。AP通信のデービッド・ブラント記者は「3回に自打球を当ててしまい、本当に痛そうだった。しかし、その後の打席で打球速度114.9マイルの二塁打を放ち、99.6マイルの球を投じた。立派すぎる」と驚いた様子だ。

 チームは6-5で勝利。投打の活躍で大きな注目が集まったようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集