[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

20歳・廣中璃梨佳「昨晩は興奮して寝付けなかった」 東京五輪1万m内定の3選手が会見

東京五輪代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権1万メートルが3日、静岡・エコパスタジアムで行われ、女子は廣中璃梨佳(日本郵政グループ)、安藤友香(ワコール)、男子は伊藤達彦(ホンダ)がそれぞれ初めての五輪代表に内定。一夜明けた4日は静岡・掛川市内のホテルで内定会見を行った。

初の五輪代表に内定した廣中璃梨佳【写真:浜田洋平】
初の五輪代表に内定した廣中璃梨佳【写真:浜田洋平】

陸上1万m東京五輪代表が内定会見

 東京五輪代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権1万メートルが3日、静岡・エコパスタジアムで行われ、女子は廣中璃梨佳(日本郵政グループ)、安藤友香(ワコール)、男子は伊藤達彦(ホンダ)がそれぞれ初めての五輪代表に内定。一夜明けた4日は静岡・掛川市内のホテルで内定会見を行った。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 20歳の廣中は31分11秒75で優勝、27歳の安藤は31分18秒18の2位でともに参加標準記録31分25秒00を突破して五輪代表に内定。30分20秒44の日本記録保持者・新谷仁美(積水化学)と合わせて3枠が確定した。

 廣中は「12月に日本選手権の5000メートルで負けて悔しい思いをして、そこから怪我で苦しい2か月になった。そんな中でいろんな方の励ましの声で前を向くことができて今回チャレンジができました」とコメント。こう続けた。

「世界で戦う上で課題や改善点が多くある。世界で戦えるような走りを強化したい。日本代表は高校生の時から目標にしていたこと。社会人でこのユニホームを着られるのは自信になる。昨晩は興奮して寝付けなかった。会見でこの場に立てるのも私の経験になるので、それを世界で戦う時の強さにしていきたい」

 安藤も「マラソンの代表を逃してからトラックで五輪に行きたいと思ってやってきた。嬉しい気持ちとホッとした気持ち」と笑顔。「自分も想像していないことが五輪では起こると思う。でも、それに感謝して自分の最大限のパフォーマンスをしたい。私も眠れなかったですね。さらに成長した姿を見せられるように精一杯頑張りたい」と五輪を見据えた。

 23歳の伊藤は27分33秒38で優勝。すでに参加標準記録27分28秒00を突破していたため、3位以内でも五輪が決まる可能性もあったが、勝利にこだわった。学生時代からしのぎを削った相沢晃(旭化成)に続く2人目の内定。年明けから両大腿骨疲労骨折と右太腿裏の肉離れで2か月間はほとんど何もできない状態だっただけに、喜びは大きかった。

「自分は一時は諦めかけていましたが、いろんな方のサポートがあってもぎ取ることができて嬉しく思う。東京五輪では入賞できるように頑張りたい。日本代表になれるのは誇り。昨晩は寝られなくてこの会見も緊張していますが、それも日本代表でしか味わえないこと。たっぷり味わいたい」

 昨夜は3選手とも興奮で寝られなかった様子。それぞれが喜びを噛み締めて五輪に向かう。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集