[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、死球関係なし“三塁強襲二塁打”に米記者「最高の超常現象」「実に速い」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、レイズ戦に「2番・DH」で先発出場。初回の第1打席で三塁手を強襲する二塁打を放った。持ち前の俊足で二塁まで進んだ実際の映像を米記者が公開。「レイズは追いつけなかった」「まさに最高の形の超常現象」などと驚きの声があがっている。

第1打席で三塁手を強襲する二塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
第1打席で三塁手を強襲する二塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

レイズ戦の第1打席で驚きの二塁打

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、レイズ戦に「2番・DH」で先発出場。初回の第1打席で三塁手を強襲する二塁打を放った。持ち前の俊足で二塁まで進んだ実際の映像を米記者が公開。「レイズは追いつけなかった」「まさに最高の形の超常現象」などと驚きの声があがっている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 これを二塁打にしてしまうのだから驚きだ。初回の第1打席、レイズの剛腕グラスノーに追い込まれるも、外角85マイル(約137キロ)の変化球を打ち返した。三遊間を守っていた三塁手ブロッソーが、この打球を弾く。ボールがセンター前を転々とする間に、大谷は快足を飛ばして二塁へ滑り込んだ。間一髪セーフ。3試合ぶりの安打となった。

 実際の映像を、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者が自身のツイッターに公開。文面では「ショウヘイ・オオタニはこれをどうやって二塁打に」と驚きをつづった。また、米メディア「ニューヨーク・デイリーニュース」のレポーター、記者を務めるケイト・フェルドマン氏も「ショウヘイ・オオタニはまさに最高の形の超常現象」とツイートした。

 AP通信のグレッグ・ビーチャム記者は「オオタニが最初の打席で二塁打。しかしこれはボテボテのゴロで野手のグラブを抜けてセンターに転がった。ショウヘイの走りは実に速く、レイズは追いつけなかった」とツイッターに記載。大谷はこの後、トラウトの打席で三盗を試みるもタッチアウトとなったが「そして、ショウヘイは次の投球で三塁へ盗塁を試みた。なんて選手なのだ」とも投稿した。

 大谷はこの日、投手として先発する予定だったが、前日のマリナーズ戦で右肘に死球を受けた影響により登板を回避している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集