[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュア大国ロシアの強さ 「未熟な肉体・精神の酷使を恐れない」と欧州紙が指摘

フィギュアスケートの世界選手権は24日、スウェーデン・ストックホルムで開幕する。女子ショートプログラムが初日に控える中、欧州メディアはロシア勢の強さに注目。「未熟な肉体・精神の酷使を恐れない」などと報じている。

アンナ・シェルバコワ【写真:Getty Images】
アンナ・シェルバコワ【写真:Getty Images】

世界選手権が24日開幕、スイス大衆紙がロシア勢の強さに持論

 フィギュアスケートの世界選手権は24日、スウェーデン・ストックホルムで開幕する。女子ショートプログラムが初日に控える中、欧州メディアはロシア勢の強さに注目。「未熟な肉体・精神の酷使を恐れない」などと報じている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 世界選手権に注目したのは、スイス大衆紙「ブリック」だった。「16歳が引退を口に ロシアのフィギュアキッズを取り巻く狂気」との見出しで記事を掲載。「男子の予想をするのは難しい。一方、女子の表彰台の行方は決まっている。ロシアだ。それはなぜか? フィギュアに熱狂したこの国のスター選手達は、4回転をマスターしているからだ。それも子どもの年齢で」とつづっている。

 ロシア勢は16歳のアレクサンドラ・トルソワ、28日に17歳となるアンナ・シェルバコワ、24歳のエリザベータ・トゥクタミシェワが出場。同紙は3人について「優勝候補筆頭だ」「4回転ジャンプを跳べなければメダルのチャンスはない」とし、ロシア勢の強さの理由について持論をこうつづっている。

「コロナ禍により多くの国で大会中止となったが、ロシアではグランプリ・シリーズがほぼ例年通り開催された。これにより、彼女たちのリードはさらに大きくなった。ロシアでは、コロナ感染拡大に恐れをなさないようだ。同じように、若くて未熟な肉体と精神を酷使することも恐れない」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集