[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は“今春の話題No.1” 米メディアが投打両面を称賛「興奮抑えるの難しい」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季、オープン戦で投打にインパクトを残している。21日(日本時間22日)のパドレス戦には「1番・投手」で先発出場するなど“リアル二刀流”の期待も高まる26歳に、米メディアは「オオタニ以上に今春話題を呼んでいる選手はいない」などと注目している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

米ポッドキャスト番組「オオタニ以上に今春話題を呼んでいる選手はいない」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季、オープン戦で投打にインパクトを残している。21日(日本時間22日)のパドレス戦には「1番・投手」で先発出場するなど“リアル二刀流”の期待も高まる26歳に、米メディアは「オオタニ以上に今春話題を呼んでいる選手はいない」などと注目している。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 パドレス戦では強打者タティスJr.に101マイル(約164キロ)の速球を投じ、16日(同17日)のインディアンス戦では昨季の投手3冠でサイ・ヤング賞のシェーン・ビーバーから464フィート(約141.4メートル)の特大弾を放った大谷。連日の活躍に、現地の期待も高まっているようだ。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」などで執筆していたブレント・マグワイア記者がホストを務めるポッドキャスト番組「ロックド・オン・エンゼルス」では、大谷のオープン戦での投打の内容を振り返っている。

 マウンドでの内容については「オオタニが三振を奪った選手には、フェルナンド・タティスJr.、ウィル・マイアーズ、ホセ・アブレイユ、マット・オルソン、ミッチ・モアランドなどが含まれている。彼がマウンド上でやっていることは凄い」と強打者を三振に斬っていることを称賛した。

 一方の打撃では打率.636、OPS1.836と突出した数字を記録。「4本塁打で2本は460フィート超え。その中の1本は昨年のサイ・ヤング賞シェーン・ビーバーから打ったもの。ショウヘイ・オオタニ以上に今春話題を呼んでいる選手はいない」とこちらでも絶賛している。

 同番組では「もちろん、オープン戦のスタッツに浮かれてはいけない」とまだシーズンイン前の成績であることに言及しながらも「しかし、ここまでくると、オオタニが現在、投打でやっていることに対して興奮を抑えるのは非常に難しい。彼は我々が思い描いたメジャーでの彼の姿そのものだ」と期待していた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集