[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

両手でリング掴んだのに…まさかの“豪快ダンク失敗”に米笑撃「なぜこんなことに…」

米プロバスケットボール(NBA)は22日(日本時間23日)、サンダーが112-103でティンバーウルブズに勝利した。この試合で話題となっているのが、リングを両手でつかみながらもダンクに失敗したテオ・マレドンだ。第1クオーター(Q)に起きた“珍プレー”の実際の動画を米メディアが公開。「気の毒だ」「なぜこのようなことが起きた」などと反響が寄せられている。

サンダーのテオ・マレドン【写真:Getty Images】
サンダーのテオ・マレドン【写真:Getty Images】

サンダーのテオ・マレドンの“珍ダンク”にファン「バスケの神様に何をしたんだ?」

 米プロバスケットボール(NBA)は22日(日本時間23日)、サンダーが112-103でティンバーウルブズに勝利した。この試合で話題となっているのが、リングを両手でつかみながらもダンクに失敗したテオ・マレドンだ。第1クオーター(Q)に起きた“珍プレー”の実際の動画を米メディアが公開。「気の毒だ」「なぜこのようなことが起きた」などと反響が寄せられている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 なぜかボールがリングを通過してくれなかった。19-14でティンバーウルヴズがリードした第1Q残り3分20秒だ。ボールを持ったマレドンは相手が周りに誰もいない中、跳びあがって右手でシュート。これがリングに嫌われる。それでもリバウンドを奪った背番号11は、両手でダンクを試みた。

 リングにぶら下がって豪快な得点……かと思いきや、ボールはリングに弾かれコートへ。まさかのダンク失敗に、実況席からも「ワオ、オーマイグッドネス!!」の声と笑いが漏れていた。

 2連続シュート失敗の実際の映像を、米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」公式ツイッターは「年間最高珍プレーの候補だ」とつづって公開。目の当たりにした現地ファンからは「年間ワーストプレーだ」「気の毒だ」「なぜこのようなことが起きた」「彼はバスケの神様に何をしたんだ?」「リングがディフェンスより活躍」「年間最高? 史上最高だろ」「びっくりした」などとコメントが寄せられていた。

 マレドンは、この試合で9得点を記録。ダンクが決まっていれば2桁に乗せられたものの、シェイ・ギルジアス・アレクサンダーの31点を決める活躍もありチームは連勝とした。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集