[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

英誌が“日本人限定PFP”選出 1位井上尚弥、2位井岡一翔…3位も軽量級選手が高評価

ボクシングで全階級のボクサーを格付けするパウンド・フォー・パウンド(PFP)は海外メディアが独自に選定しているが、英専門誌「ボクシングニュース」では日本人選手に限定したPFPを公開。1位は権威ある米誌「ザ・リング」などでも絶大な評価を受けているWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)を順当に選出している。

1位に選ばれたのは井上尚弥【写真:荒川祐史】
1位に選ばれたのは井上尚弥【写真:荒川祐史】

創刊100年を超える老舗専門誌が日本人選手を独自にランク付け

 ボクシングで全階級のボクサーを格付けするパウンド・フォー・パウンド(PFP)は海外メディアが独自に選定しているが、英専門誌「ボクシングニュース」では日本人選手に限定したPFPを公開。1位は権威ある米誌「ザ・リング」などでも絶大な評価を受けているWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)を順当に選出している。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 興味深い特集を展開したのは1909年創刊の英専門誌「ボクシングニュース」の電子版だった。

 1位はやはり井上だった。寸評でも「どんな階級においても、ボクシング界でまさにベストファイターの1人。モンスター・イノウエはバンタム級で輝いているが、ライトフライ級とスーパーフライ級でも世界タイトルを獲得している。現在は118ポンドの統一王者」と高く評価されている。

 2位に続いたのは4階級制覇王者の井岡一翔(Ambition)だ。「4階級制覇王者でWBOスーパーフライ級のキング、イオカは先月、同胞の日本のスター、コウセイ・タナカ相手の華麗なKO勝利に伴い、パウンド・フォー・パウンド10傑の扉を叩いた」と分析。大晦日の日本人対決で国際的な評価を高めたと評している。

 3位はその井岡に敗れた元3階級制覇王者の田中恒成(畑中)。「カズト・イオカにパーフェクト記録を台無しにされる前は、タナカはミニマム級、ライトフライ級、フライ級でWBOのベルトを集めた。イオカに敗れたが、タナカは圧巻の日本人ダービーで自分の役割を務めた」と紹介。無敗記録の継続と最速の4階級制覇は果たせなかったが、依然として高い評価を受けている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集