[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中谷正義に大逆転KO負け 2度ダウン奪取のベルデホが敗因語る「終盤のスタミナ切れた」

ボクシングのWBO世界ライト級14位の中谷正義(帝拳)は、12日(日本時間13日)に行われたWBOインターコンチネンタル同級王座決定戦で同級12位フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)に9回1分45秒KO勝ちを収めた。2度のダウンを奪われながらも大逆転。1年5か月ぶりの復帰戦を飾ったが、敗れたベルデホは「ナカタニは予想外のパンチを繰り出してきた」などと語っているようだ。米メディアが報じている。

フェリックス・ベルデホを破った中谷正義【写真:Mikey Williams/Top Rank via Getty Images.】
フェリックス・ベルデホを破った中谷正義【写真:Mikey Williams/Top Rank via Getty Images.】

優位に試合を進めるも9回にKO負け「序盤から強打放ったことで…」

 ボクシングのWBO世界ライト級14位の中谷正義(帝拳)は、12日(日本時間13日)に行われたWBOインターコンチネンタル同級王座決定戦で同級12位フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)に9回1分45秒KO勝ちを収めた。2度のダウンを奪われながらも大逆転。1年5か月ぶりの復帰戦を飾ったが、敗れたベルデホは「ナカタニは予想外のパンチを繰り出してきた」などと語っているようだ。米メディアが報じている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 ベルデホも予期せぬ日本人の逆転KOだったようだ。中谷は初回、4回にそれぞれダウンを喫した。劣勢に立たされたが9回、相打ちで放った左ジャブでダウンを奪い、勢いに乗った。再開後に一気に距離を詰めると、強烈な右ストレートを一閃。顔面を捉えられたベルデホはリングに突っ伏すようにうつ伏せに倒れ、中谷の勝利が決まった。

 米メディアなどが実際の動画を公開し、反響を呼んでいた一戦。米専門メディア「ボクシングシーン.com」は「ナカタニに敗れたフェリックス・ベルデホは再戦に目を向けている」との見出しで記事を掲載。ベルデホのコメントを紹介している。

「最終的には敗れてしまったにも関わらず、俺はいま落ち着いているし、幸せな気持ちだ。なぜなら素晴らしい試合ができたからね」と殊勝な言葉を残しているベルデホ。敗因については「序盤から強打をどんどん放ったことで、終盤のスタミナが切れてしまった」と分析している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集