[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

198cm70kgの規格外ボクサーが超リーチ差KO NBA元名手も関心「良いね…印象的だ…」

ボクシングのWBC&IBF世界ウェルター級王者エロール・スペンスJr.(米国)が5日(日本時間6日)、米テキサス州で行われた元WBC同級王者ダニー・ガルシアとの同級タイトルマッチに登場し、判定勝ちで王座防衛した。一方、その前座で登場した選手が話題に。198センチの長身セバスチャン・フンドラ(メキシコ)がスーパーウェルター級(69.85キロ以下)12回戦でハビブ・アメド(ガーナ)に2回TKO勝ち。相手とのあまりのリーチ差に反響が寄せられていたが、身長208センチを誇った往年のNBA名手も興味を示している。

セバスチャン・フンドラの2メートル超えのリーチに注目が集まった【写真:Getty Images】
セバスチャン・フンドラの2メートル超えのリーチに注目が集まった【写真:Getty Images】

リーチ2メートル超えのフンドラに元レイカーズ名手が反応

 ボクシングのWBC&IBF世界ウェルター級王者エロール・スペンスJr.(米国)が5日(日本時間6日)、米テキサス州で行われた元WBC同級王者ダニー・ガルシアとの同級タイトルマッチに登場し、判定勝ちで王座防衛した。一方、その前座で登場した選手が話題に。198センチの長身セバスチャン・フンドラ(メキシコ)がスーパーウェルター級(69.85キロ以下)12回戦でハビブ・アメド(ガーナ)に2回TKO勝ち。相手とのあまりのリーチ差に反響が寄せられていたが、身長208センチを誇った往年のNBA名手も興味を示している。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 往年のNBA名手も目を奪われるサイズだった。リングにそびえるフンドラの身長は198センチ、リーチは203センチ。69.85キロ以下のスーパーウェルター級で規格外のサイズを誇る22歳は身長183センチ、リーチ188センチのアメドに対し、長い手足を生かし、優位に試合を進める。決着は2回。ガードの上からお構いなしに攻めるフンドラはアッパー、フック、ストレートとあらゆる角度から打ち込んでいく。そして、完全に手が出なくなったアメドは防戦一方。最後はコーナーに追い詰め、ラッシュを見舞うと審判がたまらず、試合を止めた。

 長身も相まって、これまでもプロスペクトの1人として名前が挙がる存在だったが、この日は1年3か月ぶりの試合となった米国のスター選手の一人、スペンスJr.の前座とあって、初めてその存在を知ったファンも多かった様子。ネット上では「彼は階級を間違えている」「これには爆笑した。小枝を折るみたいだな」「なんでこれが合法なの?」「このリーチじゃ、ほぼ“ズル”だな」「この腕の長さは不公平だよ…」などの声が上がり、“反則級”との見方が広がっていたが、NBAの元スーパースターも関心を寄せた。

 1987年からNBA連覇に貢献した元レイカーズのマイカル・トンプソン氏は「OK、スペンスはマイキー・ガルシアとダニー・ガルシアと戦った。次はどのガルシアと戦うべき? ライアン? アンディ? ジェリー? おっと…ジェリーとは戦えないや…忘れてた…失礼」とメインカードについてツイートしたが、ファンから「ねえ、あの6フィート6インチのスーパーウェルター級についてどう思う?」とリプライを受けると反応。「セブ・フンドラ? 良いね…印象的だ…。彼の階級のトップ5選手との対戦が見たいね」と印象に残ったことを認めた。

 208センチのサイズを誇った往年のNBA名手の目にも留まったフンドラ。これで17戦16勝(11KO)1分とデビュー以来の無敗をキープしており、規格外の体格で世界タイトル獲得を目指す。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集