[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、国内2戦連続予選落ち ダボ2つの65位に落胆「情けないの一言」「悔しい」

女子ゴルフの樋口久子・三菱電機レディースの第2日が31日、埼玉・武蔵丘GC(6585ヤード、パー72)にて無観客で開催された。32位で出た渋野日向子(サントリー)は2バーディー、3ボギー、2ダブルボギーの77で回って通算5オーバー。6月以来となる国内復帰戦は65位となり、今季の国内ツアーは2戦連続の予選落ちが決まった。2日連続67で回った勝みなみ(明治安田生命)が10アンダーで単独首位。2位に5打差と独走している。

渋野日向子【写真:Getty Images】
渋野日向子【写真:Getty Images】

樋口久子・三菱電機レディース、渋野はホールインワンのジンクス破れず予選落ち

 女子ゴルフの樋口久子・三菱電機レディースの第2日が31日、埼玉・武蔵丘GC(6585ヤード、パー72)にて無観客で開催された。32位で出た渋野日向子(サントリー)は2バーディー、3ボギー、2ダブルボギーの77で回って通算5オーバー。6月以来となる国内復帰戦は65位となり、今季の国内ツアーは2戦連続の予選落ちが決まった。2日連続67で回った勝みなみ(明治安田生命)が10アンダーで単独首位。2位に5打差と独走している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 初日は160ヤードの8番パー3でホールインワンを達成したが、この日は5、7番でダボを叩くなど大荒れ。8番もボギーだった。後半も2バーディー、2ボギーでスコアを伸ばせず。ホールインワンはアマチュア時代の3度を含めて自身5度目だったが、過去4度はいずれも予選落ち。ジンクスを破れず、またも決勝ラウンドに進めなかった。

 ホールアウト後のインタビューでは「悔しいです。めちゃくちゃ」と苦笑いしつつ「情けないの一言」とうなだれた渋野。気丈に振る舞いながらも「この結果に関しては受け入れたくないくらいの結果なんですけど、これが結果なので、ちょっと時間をかけて受け止めます」と少し落胆した様子だった。

 次週は「TOTOジャパンクラシック」に出場予定。今大会はパットに課題を残した。「ショットに関してはちょっとずつよくなっている。その分、グリーン周りのミスが凄い目立ってしまった。パットに関してもいいところなしだったので、そこをどうにかしていかないと、ショットだけではどうにもならないとわかった。まだ4試合あるので頑張って気持ちを切り替えたい」と前を向いた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集